ロックフィッシャー佐藤文紀

ロックフィッシャー
佐藤文紀
(さとうふみのり)
元祖・根魚ハンターとして、数々のIGFA世界記録及びJGFA日本記録を有し、「根魚釣りの専門家」として東北〜北海道を拠点に全国各地の根魚を追い続ける。
又、フラットフィッシュや大型トラウトの釣りにも造詣が深い。
2011年、自らがプロデュースするブランド、PRO’S ONEを立ち上げた。
NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)評議員

キャッチアンドリリースのお願い

豊かな自然とグッドコンディションの魚を守るため、必要以上のキープは慎み、又、産卵前の個体やこれから大きく成長していく若魚は、ぜひともリリースを心掛けましょう。
釣り場環境への負担を最小限に抑えることで、次世代に渡り末永く楽しめることを願って―。

ロックトランジットRTC-702H“ヘビーライト”でのナマズの釣果情報

青森県の桑田さんよりロックトランジットRTC-702H“ヘビーライト”でのナマズの釣果情報をお寄せいただきました。

 

①

「この日は1年ぶりのナマズ釣りという事もあり、釣行をとても楽しみにしていました。

ロックトランジットRTC-702Hヘビーライトを持って、午後からの釣りスタートでポイントをランガン。

良さそうなポイントをしばらくトップウォータープラグで流すが反応はなく、ナマズのレンジが少し深い感じ。

辺りも薄暗くなり、ナマズが活発になり始める時間帯に突入しました。

 

次にやって来た場所は、ナマズが身を隠すのに好む草が多い場所。

トップウォータープラグで打ち進んで行くと、草+流れ込みがあるポイントを発見し慎重にキャスト。ルアーが綺麗にピンポイントの中に入り、手前に巻いてくると「ガボッッ!!」といきなりのバイト!

②

1年ぶりのナマズに感動し、思わず手が震えました。

興奮が収まり、思う事は、「次は60upが釣りたい!」ということです。

釣り人とは欲深いものですね…()

 

しかし、その思いはすぐに現実のものとなりました。

1匹目と同様のポイントを見つけ、期待を込めてキャスト。

数秒待ってからスローリトリーブ。

反応がなく、ピックアップしようとすると…またしても「バッコ~ンッ」とバイト炸裂!

バラシてなるものか!!とブチ抜き、サイズを計るとジャスト60cmのプリスポーン!

③

ヨッシャー!

有言実行!!

1匹目の釣果を踏まえて少し斜めからキャストをし、ストライクゾーンを増やしたのが功を奏したと思います。

この渾身の1匹に出会えたのはヘビーライトのお陰だと思います。

太いラインを使用していてもガイドに干渉しない糸絡みのなさ、突然のバイトにも対応するしなやかなティップと乗りの良さに加え、隙間の狭いピンスポットに低弾道でビシバシとテクニカルキャストが決まる精度の高さ。

それでいて、60upのナマズも豪快にブチ抜ける安心感。

④

プロズワンのロッドは、釣りをしていて本当「楽しいと思える竿」ですね。

オシャレで高級感ある洗練されたデザイン性もお気に入りです。

こんな素晴らしい1日を過ごさせてくれた、ナマズやロックトランジットに感謝です。」

 

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

春先から本格的に釣れはじめること、例年6月くらいまでナマズは産卵期とも重なり、活発にエサを追う季節。

トップウォータールアーに猛然と襲いかかる迫力は、それは凄まじいものですよね。

身近な大物、ナマズ。

今後も素晴らしき釣果に恵まれますことお祈りしております。