ロックフィッシャー佐藤文紀

ロックフィッシャー
佐藤文紀
(さとうふみのり)
元祖・根魚ハンターとして、数々のIGFA世界記録及びJGFA日本記録を有し、「根魚釣りの専門家」として東北〜北海道を拠点に全国各地の根魚を追い続ける。
又、フラットフィッシュや大型トラウトの釣りにも造詣が深い。
2011年、自らがプロデュースするブランド、PRO’S ONEを立ち上げた。
NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)評議員

キャッチアンドリリースのお願い

豊かな自然とグッドコンディションの魚を守るため、必要以上のキープは慎み、又、産卵前の個体やこれから大きく成長していく若魚は、ぜひともリリースを心掛けましょう。
釣り場環境への負担を最小限に抑えることで、次世代に渡り末永く楽しめることを願って―。

DVD最新作は12月21日(木)のリリースです

来週リリースされるDVD劇中の一場面。

ロックフィッシュアングラー羨望の、この魚が登場!

DVD最新作

スイミングでド~ン!!と来る衝撃はロックフィッシュゲームが新しい局面を迎えた証の、ニューターゲットとして君臨。

 

キジハタを超えたその遊泳力。

根に依存しない、泳ぎ回る“回遊性根魚”を相手にする、今注目の新しい概念です。

これを元にロックフィッシュゲームには更なる未来がこの先には待っていることでしょう。

 

そんなDVD「佐藤文紀が教えるハタゲームの基本と実践」Withソルトウォータームック「ロックフィッシュマガジンVol.3」が12/21(木)にリリース!!

 

DVDがセットになったロックフィッシュマガジンの登場です!

 

連載「考えるロックフィッシュゲーム」でおなじみの、人気月刊誌ソルトウォーター(地球丸刊)の別冊になります。

 

シリーズ最新作ロックトランジット・ロングスピンキャスター96が!

あのジグヘッドが!

なんと!あのワームも新登場!?

 

いろいろご覧いただける内容のDVDと誌面です。

 

 

年末年始、どうぞお楽しみいただけたら幸いです。

2017年冬。デプス×プロズワンコラボワーム新色テスト釣行のとある一日。

この日は来春リリースのデプス×プロズワンコラボワーム新色テスト釣行です。

テスト釣行

デプス×プロズワンコラボレーションワームの特徴には『釣れる魚が平均的に大きめの個体が掛かりやすい』というメリットがあります。

好評頂く中で「デッカイのが釣れます!!」というお声は日頃多くいただくのですが、ワームを構成する素材の伸縮性や硬さなど、大きめの個体が好むワーム質感ってのはやっぱりありまして、そういうことを私たちは長年の経験から知っています。

そのことを狙って作り込んでいっているのがこのコラボアイテムの数々なんです!

誰にとっても、平均的に「サイズを選んで釣りやすい」というメリットは実釣上うれしい限りの性能です。

そんな機能が与えられて今日ここにロック専用として誕生しているのです。

又、「これまでバス釣りしかしたことがありません!」というルアーアングラーさんにとっても、バスの釣れにくい時期にはお手持ちのバスタックルで海の魚を楽しんでいただいたり、これを機に海釣りが身近になってくれましたならうれしいです。そんな新しいキッカケ作りにもなるアイテムだと思います。

 

 

そこで新色です!

新色候補は実のところ初回カラー5色と一緒に初期から開発を進めていたものもあり、そんな色に関しては以前から決定していたのですが、このシリーズが初めて登場したときにはとりわけ全体の生産量が多いことが予想されたため、カラーを5色に絞ることで供給の安定化を図り、残りのカラーは来年度追加カラーとして後に回していましたが、2018年4月に新しいアイテムと共に新色も仲間入りしますので、今日はその最終局面のフィールドテストにやって来たというわけです♪

試作を作るたびにワームの流し方も修整を重ねたり試行錯誤はしているので、毎度毎度プロトはいろいろ改良してあります。

素材毎に色出しサンプルがあるので量産時の素材をどの素材にするかの検証をおこなうのが目的。

結局のところワーム1色ごとにたくさんのプロト量になるので、その違いを実釣の場で明確にするためにもフィールドでの検証を重ねつつ最終的に一つに集約しなければならないんです。

メーカー内での仕事はもちろん、実釣でなければ分からないことはフィールド検証。

フッキング性能と針持ち(耐久性)の焦点を見出す作業などはその典型的な例になります。

こういう作業もとても大切にしています。

ワームが硬いと針持ちは向上しますがオフセットフックを使用したリグではフッキング性能は落ちます。

ワームが柔らかいとフッキング性能は向上しますが、その代償としてワームの耐久性は下がります。

1パックあたりのワームの入り数と値段のバランス感覚も大切です。

これは当たり前のことなので、その妥協点をどこに設定するかもアイテム毎に決めているんです。

アイテム毎に用途も異なりますしね。

ワームの硬さとフッキング成功率の因果関係。あとは1本のワームの針持ち耐久性。このあたりはエンドユーザーが直接感じるレベルのフィーリングになってきますから、釣り人感覚を持っていなければ、いくらメーカー人とて務まらない領域。

開発にはメーカースタッフはもちろん、様々なアングラーにも協力していただいています。

それだけにそれぞれの立場からいろいろなお話が集まってくるわけですが、先述したように商品化にあたる際のこの“見極め”を間違うことは許されないため、最後の最後は私自らの経験を持ってして判断しています。

それと、本日のテストにはまったくもって関係ないのですが、個人的には2017年度釣り納めを兼ねています(笑)。

 

 

1投目からすぐ来ました!

①

今日は、アイナメ釣りが目的です。

スパイニークロー3.5インチの「ロックベイトシュリンプ」カラー。

②

ロックベイトシュリンプはアイナメやアカハタに効果抜群です。

赤系ワームにとりわけ反応が良い種類の根魚狙いでそのカラーローテーションに加えられます。

 

 

2投目もまた釣れます。

 

3投目でもまた釣れます…。

 

3尾目のアイナメを釣ってもワームが引きちぎれず耐久性も良い具合です。

 

3連続ヒットしましたが、もちろん適当に投げて探るのは効率悪いので目で投げるべきポイントを決めてからルアーを撃ち込んでいます。

本日は水深5m~7mラインのシャローをピッチングで撃って、そのフォーリング中にバイトさせる感じです。

探る釣りはしないので、1点に撃ち込んでそのキャスト中に魚を1尾釣るイメージでやっているので、展開は非常に速いです。

ロッドはロックトランジットヘビーライト。ヘビーライトは言わずもがなシューティンウェイブラインドサイトの兄弟分なので、キャストはバシバシと楽に決まります。

アキュラシーキャストにこだわる方には、おすすめの1本です。

 

さて!

ルアーを投げいれるところは偏向グラス越しに見て「ここ!」という場所に的確にリグが入るようにしています。

キャスト精度がモノを言う、昔ながらのアイナメ磯撃ちスタイルです。

③

スパイニークロー3.5インチの「グルーパーオレンジ」。

グルーパー=ハタ用カラーですが、♯03ビジブルチャートオレンジで「色が強すぎる」状況で活躍するカラーです。

ご覧の通り、ハタにとどまらずアイナメ釣りでも威力を発揮してくれる、色の濃さ(トーン)を落としたオレンジ系カラー。

④

冬ということでプランクトン濃度が下がり水の透明度が更にあがってくる今時期のアイナメ釣りには有効に使えると思い、持参しました。

写真が物語る通りアイナメもよく釣れますが、ハタゲームで多用するカラーなのでキジハタ・アカハタ狙いの方にはぜひどうぞ!

 

 

他にもカラーはたくさんあります。

ウィードカモフラージュに、ケイムラキビナゴフラッシュ、青金イワシにオオモン金黒フラッシュ…ここでは全部ご紹介しきれないですね。

ワームの色って最終的には個人の好みが大きく反映されてしまう分野ですが、共用できるような微妙な色を数多く作ってラインナップしてもユーザーを必要以上に迷わせてしまうことにもつながってしまいます。

ですので、「代用のきかない」必要な色に絞ってカラーリングは決めています。

 

アイテム毎に採用しているカラーリングも特定の地域だけで集中テストを重ねていてもあまり効果の具合が判断できないため、全国規模でのフィールドテストを必要とします。

それだけにこの共同開発作品における私の成すべきは、総括役として日本のロックフィッシュゲーム全体を公平な目を持って判断する必要があるため、そこだけは常に肝に銘じています。

その範囲で、ときにはご当地の釣りに精通した方々にモニタリングテストをお願いすることもあり、そういった意見が製品に反映されるケースもまたあるのです。

 

 

幸いにも当日はアイナメがたくさん釣れました。

海域にもよりますがオオモンハタやキジハタのように1日投げ倒して1発アタリがくるか来ないかのような希少魚を相手にする場合にはわずかなチャンスを確実に引き出してくれるかものかどうかを見極めるテストをすることもありますし、アイナメのようにサイズ1本に絞らなければある程度の数釣りも見込める場合には数釣ることで判断に至るテストもあったりと、求められるテスト内容はいろいろありますので、今日はまさに後者のテスト。

魚がよく釣れてくれて助かりました。

⑤

持ち帰ったデータを元に適正な値を割り出し量産指示へ工程は進みます。

ラメの形や大きさ、配合密度、色の出し方等までも細かい部分までこの製品に関してはひとつずつ判断と決定しなければなりませんので実のところ大掛かりな仕事を最終的に背負ってこなしているのですが、コラボアイテムは共作のデプス社さんも開発サポートしてくださるのでとても助かっています。

デプスの技術にプロズワンのロックフィッシュノウハウが融合して誕生しているのが、ジャンルの枠を超えたこのプロジェクトの取り組みです。

人知れず、こういった地道なテストが日々繰り返され最終的にひとつひとつの製品に仕上がっていくのです。

 

ほんと、手間隙かかっているんです(汗)。

 

 

テスト結果は上々!!

個人的にも、良い釣り納めになりました。

⑥

それにしても当日はスパイニークロー3.5インチとデスアダーホッグ3インチは大アタリ。

すべて開発中の新色プロトカラーによる釣果です。

 

デスアダーグラブやデスアダーカーリーのプロト他いろいろあるのですが、この日はスイミングアクションへの反応が乏しい日で、デスアダーホッグ3インチとスパイニークロー4インチのロングフォールの釣りにアタリが集中したので、またひとつ海の中は季節が進んだようです。

⑦

今年も残り少なくなってきました。

皆さんも良い釣り納めを迎えられますようにー。

 

 

この日のタックルです。

ロッド:ロックトランジットRTC-702H”ヘビーライト”

リール:エクスセンスDC-XG

ライン:シーガーPE X8  2.5号

リーダー:シーガーグランドマックスFX 5号

シンカー:カルティバブラスシンカー1oz、クランクシンカーSP 17.5g

クッションビーズ:ロックンビーズソフト

フック:ツイストロック1/0、2/0、岩礁メガトンロック♯1、1/0

ルアー:デプス×プロズワンコラボレーションワームプロト色々

偏向グラス:ZEALOPTICS ENZO

偏向レンズ:TALEXトゥルービュースポーツ

 

 

なにかのご参考になれば幸いです。

ベッコウゾイに出会ったあと、続いてデプス×プロズワンデスアダーホッグ3インチの遊動式ジカリグのロングスピンでアイナメを釣る。

来春の登場が待たれるシリーズ最新作・ロックトランジットロングスピンキャスター96(プロト)が放った一撃。

①

デプス×プロズワンデスアダーホッグ3インチ、♯03ビジブルチャートオレンジカラーのスローフォーリングに思わず口を使ったベッコウゾイ。

動きが優秀なワームです。

玄人のみならず、初心者にも優しいよく釣れるワームです。

よかったら使ってみてくださいね。

 

前回のあらすじはこちらより。

http://www.pros-one.com/blog/?m=20171212

 

 

その後、ソイ狙いのチャンスは遠のき日差しが強くなってきました。

これからの時間は今時期、アイナメの行動が活発になる時間帯です。

 

真夏の高水温期であれば朝マズメは炎天下の日中よりもアイナメの喰いが立ちやすい格好の時間帯ですが、太陽の日差しが弱まり水温も下がり調子の今時期ともなれば話は別で、朝一番でなくともアイナメを狙うのなら大丈夫だったりします。

長年の経験上、魚の細胞レベルでの活性化する時間帯が季節でズレるんだと思います。

 

魚の細胞の活性化・不活性化は水温、濁り、酸素濃度(溶存酸素の供給量)、太陽光の光量が大きな要因と位置づけ、活性を司るものに最も大きな影響を及ぼしているものと私は現状考えているんです。

 

生き物ですからね。

 

今時期を例にあげると、アイナメの場合には朝イチではない太陽がちゃんと顔を出した朝の時間帯からエサを喰い出すわけですがその後昼くらいに中だるみの時間があり、そして日が沈む前にもう一度喰いの立つ時間が来るのがこの時期(初冬)の周期的なアイナメの活性となる経験を数多くしてまいりました。

 

釣り用語で言う、「時合」ってやつですよね。

 

もちろん毎日潮の干満サイクルが異なることと、魚も1尾1尾に個体差があるのですべての魚が一貫して同じ行動をしているわけではないのですが、エサ釣り歴も含めて30年近くもアイナメと向き合っていればその行動にも一定の規則性が分かってくるもので、今現在の私が知る限りでは経験上おおまかにはこのようなサイクルが顕著です。

 

日が暮れるのが早い今時期は午後15時~15時半前後に突然喰いが立ってそのまま日がかげってきて海に太陽光がささなくなると…パタリと急にアタリが止まる経験、皆さんもないでしょうか?

これに潮の干満とその日の魚自身のコンディションも複雑に絡み合ってそのような現象が日常的に発生しているんですね。

 

今日はちょっと遊びに来ているだけなので、「一日ガッツリ釣りするぞ~」というのではなく、朝9時で終わりの正味2時間程の短時間のちょい釣りです。

釣り場の移動はなしで、はじめからひとつの堤防をやって終わりにする予定でした。

 

幸先よくソイ(ベッコウゾイ)が釣れたわけですが、続いてはアイナメ狙いです。

 

手前側を釣っていてもアイナメのアタリが一向に出ないため、ベッコウゾイが釣れた距離よりも更にリグを遠くまで運ぶことに。

 

ソイ狙いで使用した1/2ozテキサスリグから、7号シンカーの遊動式ジカリグにチェンジ。

8号シンカーや10号シンカーがあればあったで良かったですが、不覚にもボックスに入っていなかったので持参していた中で一番重い7号のシンカーをリグにセットしました。

 

ワームは引き続き、デプス×プロズワンデスアダーホッグ3インチを用いますが、カラーはクリアレッドシードに変えます。

アイナメ狙いにはソリッド系レッドとクリア系レッドは、ハズシの少ないテッパンカラーです。

 

ジカリグや遊動式ジカリグはシンカーから先に飛んでいくのでテキサスリグよりも空気抵抗を受けにくく、結果、遥かに飛距離が出ます。

ショートキャストで釣っていく分にはテキサスリグとジカリグの差はあまり感じられないかもしれませんが、ロングスピンで70mや80mはざらにカッ飛ばすような釣りですとこの飛距離の差(リグの飛行形態の空気抵抗)はだいぶ違います。

本日、飛距離は80m先まで飛ばします。50mより手前はこの日のアイナメ釣りでは切り捨てにして、それよりも向こう側(50m~80mの間の30m区間)を重点的に釣っていきます。

40、50cm級の根魚をロングスピンで狙う場合、PEラインの基準は通常は1号で、堤防ならば磯ほど根ズレも少ないと仮定し0.8号、0.7号(最小0.6号まで)までラインを限界ギリギリまで細くして、逆にシンカーを重くしていけば100mを超える先までも射程距離に入るのが「ロングスピン釣法」ですが、根の荒い磯でオオモンハタ狙いに巻いていた1.2号スプールを本日はそのまま持参してきてしまったため、堤防からのアイナメ狙いにはいささかラインが太いため、ラインの太さも影響しこの日は80mちょいしか飛ばせませんでした。

 

 

冬の海は、浮遊するプランクトン濃度が下がることで海中の透明度もあがってくるので、その点でも偏向グラスで海中を見ることはいつにも増して重要です。

釣り中は、海の中を常に意識して偏向グラス越しに見ることがとても重要なのですが、砂地は白く目に映りますがその中で根がある場所は茶色く映るのでそんなピンスポットにリグをロングスピンで大遠投しつつも的確に送り届けます。

 

ホッグ系やクロー系のワームって、元々がスイミングで横に引いてくるのが得意なワーム形状ではないため、小さなモーションで細かく動く甲殻類タイプのワームで横に引いてきてもワームそのものに横の動きが出にくいためトレースする軌道とワームの動きに必然的なギャップが出てしまい、結果、水中ではそのことが原因で魚に見切られたりする要因になってしまうことがあることと、そもそもの効率が悪く、むしろフォールで誘うタイプのワームは一点のピンスポットを縦の軌道で直撃していった方が展開が速いということも、ここでは重要です。

 

これは飛距離に長けるロングスピンとて同じ理屈です。

漠然と探ってくる釣りでは時間がかかり過ぎてしまう嫌いがあります。

 

特に実釣時間が短いとすぐに納竿時間がきてしまいますからね。

 

立て続けにアイナメが釣れました。

デプス×プロズワンデスアダーホッグ3インチ、♯02クリアレッドシードカラー。

②

4尾釣れましたが、写真は1尾で割愛。

黄色味の婚姻色が出ているオスのアイナメを選んで撮影してみました。

 

アイナメは酸欠に大変弱く、キャッチしてからリリースするまでの拘束時間の長さでリリース後のその魚の生存率が大きく変動します。

自分が自信が持てる完全リリースなら、魚を水から引き上げて水に戻すまで「30秒以内」という理想基準があって、守れるよう極力心がけています。

又、産卵時期のアイナメのオス(※婚姻色が出ているので見ればすぐ分かります。)は産卵床を守っている可能性が高く、仮にその後リリースすることを前提とした一時キープであっても、違う場所に移動してからリリースしてしまうとこのオスが守っていた卵塊は他の生き物や他のアイナメの餌食となってしまい、仔魚に孵る見込みは限りなくなくなる(=仔魚の数が減り続けることで最終的に積もり積もってその海域のアイナメ全体の資源量減少につながっていく)懸念があります。

なので、アイナメに関してはそのような特性上、ソイやハタ、カジカやカサゴ、メバルとは異なる産卵形態につき、釣りあげたオス個体を海域を移動してからのリリースすることは、同じリリース方式といえども、「仔魚の保護」という観点では意味を持たないという現実からも目をそらすことができないのが実態です。

ですので、「せっかく逃がす意識で釣っている場合」には産卵床を守っているであろうシーズンのオスのアイナメが釣れた場合には、そのオスがすぐに同じ自分の産卵床に戻れるようにそこまで釣り人側が配慮してリリースする必要があります。

方法は現状ではひとつしか考えられず、その場で同じ場所から水の中に最速の時間で逃がしてあげる方法しかありません。

近年のアイナメの減少は目に見えて顕著ですので、こういう魚への配慮もアイナメという魚種を取り扱う人間に課せられた使命であり、これからの時代の課題ですね。

 

それでもってお話は戻るのですが、プライベート釣行で写真を撮る必要のない場合は30秒というアイナメを撮影するための拘束時間も難しくないものですが、ロケのときのようにムービー、スチール共にカメラマンさんが慎重かつ丁寧に撮影していくような場合には水汲みバケツを持参して、バケツで魚に海水をかけ続けて(口から水を送り込むようにすると呼吸が継続するので魚が少しでも楽になると思います。)撮影を続行したり、タモ網に魚に入れて海に付けながら弱るのを極力防ぎながら撮影を継続したりとそのくらいのケアをしないとアイナメの場合にはリリース予後に死亡してしまうケースが実はとても多いものとして、長年心を痛めながらも自分なりに創意工夫を凝らして考えてきました。

魚の弱さ加減ではアイナメはヤマメ・サクラマス同様のレベルで、皆さんが思っている以上に繊細でデリケートな魚なんです。

ヤマメやサクラマスを専門的に狙っている釣り人たちの「釣り人が魚を持って写っているニコパチ写真」で多いのは、水に魚をつけたままの写真が多いのはトラウトフィッシングをやらない人々からみればとても印象的に映るかもしれませんが、これはトラウトフィッシングを嗜(たしな)むという歴史と気品に彩られたイメージや世界観を守るだけではなく、水から引き上げると魚が弱ってしまうから、美しい魚の魅力を最大限に引き出すためにも水から完全に出さないで魚を撮影するというトラウトアングラー達の魚への気遣いが実は大きく存在しているんですね。

結果、写真映えがしますよね!

もともと、トラウトフィッシングをフライで釣ることは西洋における貴族の高貴な嗜みの世界のものでした。

貴族の嗜みも歴史と共に市民権を得て一般化し、ルアーやフライという釣り種目として戦後の日本に輸入された文化というのが我が国での西洋式疑似餌針でのトラウトフィッシングにおける一般認識での起源とされています。

日頃からヤマメやサクラマスとかのサケ科魚類を専門に狙って釣っている方であれば、マスという魚がどれ程デリケートであるかは、言わずもがな容易に理解できると思います。

 

そうなんです。それがアイナメにも実のところ当てはまり、アイナメ維持管理の難しいところ。

リリースしているつもりでも実はその後に死んでしまっているケースが多いのではないか、ということも近年の北国全域でのアイナメ減少に歯止めがかからない原因のひとつになっている一旦と推測され、魚の写真を撮るにもその間は少なからず魚を陸上で拘束しているわけですから、その取り扱いには最大限の配慮を釣り人側が施さなければなりません…。

 

アイナメを水から出して1分超えてしまうとその間は魚は呼吸困難になっているため、もう死んでしまう直前(眼の瞳孔が開く・体色が急に変わる、ブルブルと痙攣し出す)になっているか、仮にリリースできてもその後人知れず海底で魚が意識を失ってひっくり返ってしまうので、リリース後の生存に関しては何とも言えない部分があります。

浮き袋の膨張による減圧症状が発生しやすいハタ、ソイ、メバルとはまた違った、「酸欠に著しく弱い」というリリース問題をアイナメは抱えているのです。

 

その点、強い弱いで言えばソイとカジカは生命力がとても強い魚で、ハタとカサゴもソイほどではありませんが生命力(基礎体力)が強い魚なので、アイナメとはだいぶ事情が違うのですね。

そんなアイナメですので、必要のない場合は活きのいいうちにすぐに逃がしてあげた方が魚にはよいので、近年では必要外に写真を撮らなくなってきたことと、この日の釣行ではブログ用にと“おさえ”の1尾だけは写真に撮りましたが、あとは釣れたら即リリース×3を繰り返しました。

アイナメはソイほどの重量感はありませんが、フッキングに成功すると首を振りながら細かい動きをする魚なので、ロングスピンで掛けたならいずれも遠くから伝わる首振りファイトの時間はとても心地よいですよね。

自身にとっては昔から慣れ親しんだ魚ではありますが、釣れると今でもうれしい魚です。

 

ちなみに渓魚に例えるなら、イワナがソイで、アイナメはヤマメです。そんでもって、カジカはイトウで、ハタはニジマスでしょうか。

 

堤防からの釣りは岸からは撃てないエリアをボートで釣ったり、あまり人がこないような荒々しい地磯で釣ったりするような特別な大物とめぐり合うような場面や数がたくさん釣れて…ということも正直なところこのご時勢ですからほとんどないのが現状ですが、そう遠くない海にあるその辺の堤防からでも30cmとか35cmとかのハタやソイ、アイナメなんかがポツポツ釣れると、逆に1尾1尾が自分の中で貴重な存在になるので、これはこれですごくうれしくなります。

 

釣れてくれた1尾の魚に自然と愛着が湧いて、「どうもありがとね!」と私なんぞ、心の中でいつも魚にお礼を言っています(笑)。

ロケのときはオフィシャルな釣りを展開するのは課せられた責務ですが、それとは真逆のいち個人のプライベート釣行では派手さはない釣りであったとしても、水辺で過ごす時間に心が満たされています。魅せ場に必要がないためです。

これは東日本大震災を経験してからというもの、海への向き合い方や魚への接し方の面での考え方もずいぶんかわったし、今や30代も半ばになって次第にそうなっていった、という年齢的な積み重ねもありますね。

 

そんな散歩がてらの、楽しい趣味の釣り時間ですから、稀に40cmとか、45cmとかの大きめの根魚が掛かったらそれはもう上出来です。

50cm級の大物根魚を狙いに行くとか、希少種の根魚を狙いに行くとかはもうベクトルの異なる世界観といってもいいでしょう。

今日この堤防で出会った40cmのベッコウゾイなんて、デスアダーホッグ3インチの性能のおかげなのでしょうね。

③

ロケの釣りや開発検証で正しい判断を求められるテスト釣行ではビシッと飛ばしていきますが、プライベート釣行では肩の力を抜いたこういう“ちょい釣り”に近年はとても癒しを感じています。

要は、釣るぞ~!と欲を出さず、投げに行くだけ。「釣れたらラッキー♪」くらいの楽な気持ちで釣りに臨むこともあります。

ちょい釣りでのロックとか、ハゼの投げ釣りだどか、ヘラブナ釣りだとか。あとはナマズ釣りもですね。趣味で嗜んでいる釣り全般です。

しかし、サクラマス釣りは別格でプライベート釣行においても、1投1投を超本気でキャストしてしまいますが(笑)。

 

日本国内だけでも「果てしなく凄い海」というのはたくさんあって、北海道の離島や九州南西諸島の離島なんかだと都会に暮らすアングラーなら驚愕してしまうような巨大根魚がその辺の堤防からでも釣れてしまうような釣り場も国内とて、あるものです。

その反面、そういった場所は遠いし行く帰りも不便なので多くの釣り客はそうそう訪れないある意味、未開の海でしょうが、ご当地の地元の好きな人達にとっては“当たり前”の日常のような海もあります。

④

なのでスケールの大小は地域毎にあって当然なのですが、全国津々浦々皆さんお住まいのお近くの海で「その辺の堤防からでもそこそこ大きめの根魚が釣れるよ~」っていう場所がありましたら、そういった場所はぜひ大事にしてくださいね。

 

貴方様にとっても、見知らぬ誰か様にとっても、「宝」のような場所かと存じます!

 

 

今年最後の一ヶ月も残り半分。

忙しない師走の朝のひととき。

 

気分転換、“ちょい釣りロック”楽しい時間でした!

 

 

 

追伸:タックル載せておきます。

なにかの参考になれば幸いです。

ロッド:ロックトランジットRTS-962H“ロングスピンキャスター96”(プロト)

リール:ヴァンキッシュ4000HG

ライン:シーガーPE X8 1.2号(堤防からのアイナメ狙いなら通常0.8号あれば大丈夫です。)

リーダー:シーガーグランドマックスFX 5号

ルアー:デプス×プロズワンデスアダーホッグ3インチ(カラーN0.♯02、♯03)

フック:ツイストロック1/0(ソイ)、マルチオフセット♯1(アイナメ)

クッションビーズ:ロックンビーズソフト

シンカー:カルティバブラスシンカー14g(ソイ)、ナス型錘7号(アイナメ)

です!

デプス×プロズワンデスアダーホッグ3インチをべッコウゾイが喰らう朝。

釣り場へ向かう道中、雪がちらついていました。

夜明けの遅い師走を感じる、朝の堤防。

遠方の水深から伝わる重々しい引きの主はベッコウゾイ。

①

ヒットルアーは、デプス×プロズワンデスアダーホッグ3インチの“♯03:ビジブルチャートオレンジ”カラー。

 

こちらになります。

②

フックはカルティバツイストロック1/0、クッションソフトビーズはロックンビーズソフト、シンカーはカルティバブラスシンカー14gの1/2ozテキサスリグのロングスピン。

デスアダーホッグは胴体とパドル&触覚の間にクビレがあるホッグ系ワームなので、クビレより手間側(胴体側)の区間にフックを収めることで、他のホッグ系ワームにはあまり見られないクネルような(“くの字”を描くような)ジョイント・アクションを生み出すのが魅力。

つまりは、【ヘコへコ動かせるホッグ系ワーム】なんです!

魚に見切られにくいフレキシブルなルアーアクション。

これがこのワームの効くところの大きな特徴のひとつ、ですね。

 

こちらのワームによく用いるオフセットフックは、「ツイストロック」の1/0や「岩礁メガトンロック」の♯1番。

針を少し小さめにすることでワームのアクション可動域が大きくなります。

(針のサイズを上げていくとワーム全体のアクションが硬いアクションに移行していきます。)

遥か彼方まで投げるなら大きな着水衝撃を受けてもワームが限りなくズレにくい前者の針、アベレージ距離での使用範囲なら後者の針を使うことが多いです。

あとはロングスピンタックルであれば前者、ベイトタックルであれば後者という使い分けもします。

小針でも太軸フックを用いることで、仮に頑として魚と引っ張り合いになっても一部の特別引きの強い種類のハタを除いたら30cm~50cm級の根魚相手であればこれら針強度でも必要以上に恐れなくても大丈夫ですよ。

③

朝に絡めたわずかな時間でも、時にこのような遭遇がある魚釣り。

3インチという小粒のワームながら「喰ってくる魚が比較的大きめの魚が釣れやすい」というのがデスアダーホッグ3インチならではのセールスポイントですね。

 

デプス×プロズワンデスアダーホッグ3インチ。

エビやスナモグリ(アナジャコ)、小さめのシャコなどを模す、ロック専用ワームです。

魚種別では、アカハタ釣りやアイナメ釣りで特に人気のアイテムとなっているようです。

アカハタは、たいていエビが主食ですからね。

アイナメも北海道の釣り場だと道南とか砂地の絡むエリアでは小さめのシャコを捕食しているケースがありますよね。そんな場所ではこのワームも試してみてください。ワームシルエットと動きがマッチします。

あとは小場所でのキジハタ釣りやカサゴ釣りにもいいですよ。

他には、胴体を短くカットしてボトム系リグでセットすれば、クロダイ・キビレ釣り(チヌング)でも愛用されていたりします。

兄弟分のデプス×プロズワンスパイニークロー3.5インチよりもコンパクトシェイプの分、使える用途が広い、というのも利点となっています。

ソイにフッキングしている上の写真(↑)、ワームのサイドビューをご覧の通り、デスアダーホッグ3インチは真横から見るととてもスレンダーな縦長形状につき、ホッグ系ワームといえども針抜けがよくフッキング性能に優れています。

 

今回登場の魚はベッコウゾイですが、ソイ類もホッグ系ワームに喰ってきやすい時期って水温の低下が顕著になってくる頃が“特に”ですね。

クロソイよりも分布域の関係上、水温適正が温域にあるベッコウゾイの場合には水温が下がると魚の中の細胞(代謝)活動も下がるので、そんな外的要因の影響もあって捕食のためのストライクゾーン(追尾距離)も夏期よりも更に短くなります。

そのため、スイミングでの横の動きに次第に反応が鈍ってくる初冬からが甲殻類系ワームでのヒットがいつもより余計に多くなっていくわけです。

④

ルアーを知る前に釣り人は魚をよく研究することをオススメしたいです。

釣り好きならすごく面白いはずですから、ぜひ!

魚を知れば、自然のサイクルから理にかなった釣りが身につきますので必然的に釣果も高まるものと思います。

魚を知る=研究に没頭するのは、趣味としても大変面白いものです。

 

 

ひとまずソイが釣れたので次はアイナメを狙います。

続くお話は次回にー。

ロックトランジットの在庫と次回入荷スケジュールのお知らせです

12月も一週間が過ぎまして、早いもので2017年も残り3週間ちょっととなりました。

釣り場で体感する寒さも、身にこたえる季節です。

①

秋の訪れが早かったこともあり、今年の冬は例年以上に冷え込みが厳しいですね。

 

 

さて!

本日は釣り竿の在庫状況についてまとめましたのでお知らせです。

参考にしていただければ幸いです。

 

ロックトランジットRTC-922EXH“ロングベイトキャスター92” →在庫あり。

 

ロックトランジットRTC-822EXH“スキップツー” →初回入荷分完売。

10月リリースの初回入荷分完売になりました。前作シューティンウェイSWC-802EXHスキップランが入手できなかった方には朗報の機種ということで注文が集中したためと思われます。

RTC-702Hだと短い、RTC-922EXHだと長過ぎるという方にも使いやすい中間レングス。

オカッパリで万能的に使える8ftクラスです。

旧作より2インチだけ長さがアップしております。

シューティンウェイシリーズでもSWC-802EXHはオカッパリユーザーにとても人気を博しましたので、その印象も少なからずあるのかなぁと思います。

現在、第二回目分が入荷中なのですが既に売約済みでの荷受となっているため注残としてご予約いただいていたお店様には今回分で確実にお届けできるのですが、在庫が過分に余るくらいはないため、次回のフリーの入荷は2018年4月下旬になります。

現状、メーカー在庫完売・代理店在庫も完売になってしまっているとのことです。

今は店頭在庫のみとなっているかと思われます。お探しいただいている方で店頭でお見かけしましたら、もしお急ぎでいらっしゃいましたら、そちらの製品をお求めくださいますようお願いいたします。(売れ切れになり次第、来春までの入荷はないかと思われます。)

 

ロックトランジットRTC-702H“ヘビーライト” →在庫わずか。

スポット生産限定品の機種につき、本来は年1回の生産計画だったのですが、予想を上回るオーダーに初回生産分では対応できず、2回、3回、4回…と予定外の増産対応させざるを得なく、結局のところ今年は4度生産しました。

年1回の生産機種のはずが4回も生産することはまさに異例の対応で、材料集めに多大な労力が必要だったこともあり工房にはかなり無理をさせてしまったのは反省です。

もともとRTC-702Hは「スポット生産限定品」につき、常時お作りしている機種ではございません。

今年一年で緊急増産対応したため、来年上半期の生産計画は今のところ予定しておりません。

ご入用の方は今流通している在庫及びメーカー及び代理店在庫が僅かながらあるうちにお求めいただけるようお願いいたします。

(売り切れ次第、現状では少なくとも来年上半期までの入手は困難になるかと予想します。)

 

ロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90” →完売。

本年度生産分すべて終了、同時にメーカー在庫、代理店在庫ともに完売にいたりました。

ご好評いただき、今年度もありがとうございました。

現状、店頭在庫あるのみ入手可となっております。

次回入荷は2018年4月下旬の予定となっております。

 

ロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”グランドリミテッド90 →完売。

オリジナルモデルのRTS-902MHから派生した特別仕様です。希少素材を使用したファクトリーチューンドモデルの限定モデル。

昨年7月のリリース時より人気を集め続けるハイグレード仕様でございますが、今のところ次回の生産計画は未定です。

オリジナルモデルの機種が増えてきていることに加えそれぞれの生産数が増えてきているため、工房にはかなりの負荷がかかっており、別途の特別仕様の製作まで作業が追いつかず、

生産スケジュールと希少素材ゆえに素材の確保も同時に安定しにくいため、です。

キラキラと輝く4軸カーボン素材は鑑賞しているだけでも実に美しいものですが、この機種に関しては希少素材を採用しておりますため、供給量と限られた期限内に加工してしまわないとならないという難しさゆえに安定供給は困難で、それゆえファクトリーチューンドモデルとして作れた分(=素材確保ができた分)だけ通販でお届けという形態をとらせていただきました。

事情をお察しいただければ幸いです。

同じようなスペックをお探しの方でしたら、その際はオリジナルモデルをご検討いただければ幸いです。

 

ロックトランジットRTS-962H“ロングスピンキャスター96” →2018年5月GW前後でリリース予定。

約5ヶ月先のことですので詳細スペック・価格はもう少しするまではお伝えできないのですが、日本の海でハタ、ソイ、アイナメが釣れ盛る「6月」に間に合うよう生産計画を立てております。

6月~7月はキジハタ、オオモンハタ、クロソイ、アイナメ、ベッコウゾイ狙いにはとても良い時期で、アカハタも6月からは本格的になっていく頃ですね。

 

ロングスピンキャスター96は、開発に丸3年以上を費やした弊社はじまって以来の問題児(?)にして、ヘビーロングスピンの決定打。

この竿で一番扱いやすい14g~40g級のリグ&ルアーならスイミングとボトムバンピングが1本でできるよう両立させるのが課題で、これを両立させる調子に持っていくのがとても難しかった作品です。

40gオーバーも平気で振り切りつつ、7gとかも普通に投げることができます。

キャストウェイトの対応幅も、とても広い竿です。

実釣テストでは適正キャストウェイトを超える50gオーバーのヒラマサ用スライド系ペンシルベイトを磯からフルキャストして大遠投し沖を回遊していたシイラをバンバン掛けてパワーファイトもこなしましたが破損に至るような不安はありませんでした。

PE1.5号が巻いていれば70cm級までのワラサ、50~60cm程度のマダイであれば磯で難なくファイトできます。一般的範囲でのロックフィッシュロッドですので、専用ショアジギングロッドまでとはいきませんが、そんな強靭さも併せ持った1本です。

この機種はオオモンハタやキジハタを釣るために磯から35g~40gジグヘッドリグを大遠投してスイミングするのも、磯からアイナメを釣るのにナツメオモリ10号(MAX12号)やタングステン42gシンカーのヘビーテキサスを大遠投してリフト&フォールしたりボトムバンプするのも両方のスタイルを「この1本」で可能としています。

同じロックフィッシュゲームのカテゴリーにあって、オオモンハタとアイナメでは『片や典型的なフィッシュイーター』、『片や食性が多義に渡る雑食魚』ということで、捕食形態の違い=釣り方があまりにも違うため、通常はハタロッドとアイナメロッド、竿の調子が別々になってしまいがちですが、同じ日本の海を釣っていくなかで竿1本で統一できる性能もロックフィッシュロッドにおいてはその極みであり、「どうしても南北の海を1本で無理なく対応できる竿が作りたくて」、それをヘビーロングスピンでも実現させるために開発が長期に至った理由です。

当時、まだ定義づけが確立していなかった「ロングスピン釣法」という概念を自身、一から構築しながら作っていった未来志向の意欲作ロッドにつき、こだわりの部分と技術的な部分の融合には非常に多くの時間と労力を割きました。

ゼロから構築していくのには半年や一年程度の積み重ねではとうてい無理があります。

シューティンウェイを開発したときは1.5年~2年少々費やしました。

ですが、このロングスピンキャスター96は1機種にもかかわらず3年も要しました。それは「ロングスピン釣法」という概念自体も新しい取り組みだったため、これまで作ったプロトロッドの数は10数本にも及び、精神的にも挫折しかけたほどこれほど難しい領域の竿は私自身も初めての経験でした。

 

■ジグヘッドリグのスイミング調子に特化してしまうと荒磯のアカハタやアイナメ、ベッコウゾイの釣りはできなくなる。(ティップが入り過ぎるため、根へのスタックが頻発して釣りにならない。)

■テキサスリグ&ジカリグのリフト&フォール調子に特化してしまうと中層~上層を回遊しているオオモンハタや中層まで浮いた状態でフィーディングしている最中のキジハタの釣りはできなくなる。又、中層にサスペンドしている“でかクロソイ”にも対応させずらく必然として無理が発生する。(ティップが硬すぎて魚のアタリに追従し切れず、せっかくの貴重なバイトを竿調子のせいで弾きまくってチャンスを逃してしまう。アタリを乗せられないジレンマに苦しむ。)

 

なので、硬すぎてもダメ。柔らかすぎてもダメ。

ハタロッド(ざっくりと分けるとオオモンハタ・キジハタ・クロソイ)とアイナメロッド(ざっくりと分けるとアイナメ・アカハタ・ベッコウゾイ)の違いを把握しつつも両者がクロスオーバーする微妙な“さじ加減の領域”に中心軸を取った竿を今回も取り組む必要がありました。

ないものを作る。

実に3年を費やした理由です。

根魚1魚種ごとの「習性の違い」を理解を重ねることで、その結果でしか行き着けない竿作りの領域って本当にあることに起因しています。

仮にスピニングロッドだけでも今日遭遇する様々なオカッパリゲームを広くカバーできるような夢のような根魚ロッドは作れないものか…と試行錯誤を繰り返し開発者精神が燃えに燃えた熱き3年間でした。

 

ロックフィッシュゲームにおいてオカッパリならベイト1本にスピニング1本の計2本で1セットというのが理想であり、むしろそうであった方が釣り場でのメリットが多いものです。

そもそもベイトタックルは精度ありきのスタイルなので至近距離での精密な釣りが得意であり、スピニングは持ち前の遠投能力は力量を問わずにそばにあるだけでも安心感がありますよね。

 

しかし、ルアーを投げる飛距離こそが釣果に一番に直結することが明らかなシチュエーションのオカッパリポイントでなおかつ2タックルは持っていけない場所であれば…私の選択は今ならこのロングスピンキャスター96に託しています。

「この竿があれば、とりあえずは何とかなるー」。

ロングスピンキャスター96は、まさにこのようなロッドになっています。

 

できるだけ早いタイミングで詳細情報をリリースできるよう調整中ですが、ご入用の方はこの冬の間には製品情報をリリースできると思いますので、公表され次第、お早めにご予約されることをおすすめさせていただきたいです。

(こちらもRTC-822EXH同様、リリース時に一度に人気集中して初回生産分は一気に完売してしまう可能性も考えられます。)

尚、今月21日にお目見えするDVD劇中でも、最終プロトでの実釣模様がご覧いただけます。

必要な硬さと必要なしなやかさを両方併せ持った、美しい曲がり(キャスト時、魚とのファイト時)が自慢のロングスピンロッドです。

 

 

ロッド在庫・次回スケジュールに関しまして以上、お知らせでした!

 

 

最後の最後に、ちょっとのまとめです。

 

これらご紹介させていただいているプロズワンのロッドといえども、言うなれば、その存在はたかだか一本の釣竿に過ぎません。

現代社会において釣り竿は漁具ではなく、趣味の道具です。

釣り愛好家からしてみればとても大事な道具である一方、釣りをしない人々とっては釣り竿は無縁の存在であり、その人生においても不要な存在でもあります。

つまりは現代社会人が生きるための生活必需品ではない世界のモノでありながらも、私たちはその一本一本の釣竿を大切に思い、時間をかけて開発し、質を保ち、焼きあがったブランクに念を送って組み付けしていきます。

うちのロッドは作るのに4ヶ月を要するものです。(すごく時間と手間がかかっているんです。)

シューティンウェイも、ロックトランジットも、決して安価なものではありませんから大量生産、大量消費を目指す製品ではありません。

それは、のちに手に取ってくれた一人ひとりの持ち主様(釣り愛好家)の未来がかかっているからです。

 

少し想像してみてください。

供に歩んだ時代を物語る気品に満ちたフライロッドや使い込まれた古いトラウトロッドを額縁の端に添えて写真を撮る、渓魚の美しいこと。そして輝かしいことー。

イワナやヤマメと出会う非日常空間なんて、なんと素敵なことでしょう!

里川や深い森の中で出会う、川のなかに泳ぐ宝石のような存在なんです。

 

更に難易度の上がるイトウやサクラマス、オショロコマやミヤベイワナと対面する瞬間なんかはその極みですよね。

なにびとも、そう簡単には釣れない、出会えない。

だからこそ、憧れが募り、夢をみる。

仮に、もしもそんな希少な魚と出会うことができたのなら、またとないその瞬間の躍動を、風景をカメラで切り取りたくなる…。

そしてカメラを構えたときにハッと気づく、「魚」という主人公の色をさりげなく引き出す名脇役的な存在を演出できる釣り竿とは…こういうことなのか!と、いつの日か感銘を受けた経験豊かな釣り人の皆さんは、さぞ多いことでしょう。

それをロックフィッシュの世界でもさりげなく演出できないものか?という想いから、強すぎず、弱すぎずのギリギリのところをついた配色・デザイン面にまで配慮されてプロズワンロッドは開発されています。

そんなトラウトのごとく、淡くも雅な美しさを醸し出す、海のロックフィッシュ=根魚たちと過ごすかけがえのない時間を演出してくれる個性豊かなプロズワンの印が捺されたロッドたち。

そのどれもが不思議な感覚を持って生まれてきます。

 

いつの日か、釣り場で巡り会う血の騒ぐような至極の体験のために。

オーナー様(持ち主様)と感動を共有できる釣り竿であってほしいと、そんな夢と情熱と想いを込めてお届けしています。

 

あなたさまの釣りにマッチするような釣り竿がもしもこの中にありましたら、なにかのタイミングで、人生のひとときを彩る良きパートナーに迎えいれてくださったらうれしいです。

 

よろしくお願いします!