ロックフィッシャー佐藤文紀

ロックフィッシャー
佐藤文紀
(さとうふみのり)
元祖・根魚ハンターとして、数々のIGFA世界記録及びJGFA日本記録を有し、「根魚釣りの専門家」として東北〜北海道を拠点に全国各地の根魚を追い続ける。
又、フラットフィッシュや大型トラウトの釣りにも造詣が深い。
2011年、自らがプロデュースするブランド、PRO’S ONEを立ち上げた。
NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)評議員

キャッチアンドリリースのお願い

豊かな自然とグッドコンディションの魚を守るため、必要以上のキープは慎み、又、産卵前の個体やこれから大きく成長していく若魚は、ぜひともリリースを心掛けましょう。
釣り場環境への負担を最小限に抑えることで、次世代に渡り末永く楽しめることを願って―。

デプス×プロズワン デスアダーシャッド4インチ「♯08グリーンゴールド」カラーでのアイナメ釣果情報

宮城県の横江さんよりデプス×プロズワン デスアダーシャッド4インチ「♯08グリーンゴールド」カラーでのアイナメ釣果情報をお寄せいただきました。

 

①

「朝マズメ、堤防ロックへ行って来ました。

狙いは、今時期ならではのベイトフィッシュを飽食しているであろう活性の高いアイナメです!

 

この日は、たとえアタリがなくても最後までスイミングに徹する、と決めていました。

持ち込むロッドはロックトランジットRTS-902MHグランドリミテッド。

それにジグヘッド類とデプス×プロズワンデスアダーシャッド4インチのみ。

堤防を少しずつ移動しながら、アイナメの着きそうな場所をスイミングで通していきます。

デスアダーシャッドにアイナメがバイトしてくるならば、やる気がある個体か、デカイ個体。

そう思いながら、グリーンゴールドカラーのデスアダーシャッドを堤防でキャストを繰り返すこと約一時間。

偏光グラス越しに見える沈み根と、その横にウィードが生えたポイントを発見。

少し冲目にキャストして、その間をトレースすると“ガツン!”と一撃バイト。すぐに合わせを入れ応戦するも、魚を掛けた位置が悪くウィードに潜ってしまいました。

少し待ってはテンションをかけ、また待つ。

しばらくその駆け引きをして、最後はグランドリミテッドのリフティングパワー、ラインとリーダー、自分のノットを信じて、強引に引っ張り出すように力を入れると、フワっと、抜けてくれました。

そこから、ごり巻きで寄せてきて抜き上げ!

無事ランディングする事が出来ました!!

②

上がってきた魚は、がっちりとデスアダーシャッド装着のジグヘッドを喰わえていて、ナイスなコンディションのアイナメでした!!

40㎝ジャストでしたが、魚が太っていることもありそれ以上に元気なファイトを楽しませてくれました。

やはりデスアダーシャッドにバイトしてくる魚は、強い個体ですね。

良質な個体を選んで喰わせることができるアドバンテージは大きい。

これからもそんな魚を釣りあげるためにデスアダーシャッドを愛用していきたいと思う釣行になりました。」

 

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

先日のマゴチに続いての釣果情報をどうもありがとうございました。

丸みを帯びた肥えたアイナメ。魚のコンディションの良さが伝わってまいります。

今後も素晴らしき釣果に恵まれますことお祈りしております。

大坂・近畿地方の地震、お見舞い申し上げます

今日は大阪で大きな地震が発生しています。

関西圏・近畿地方の皆さん、大丈夫でしたでしょうか…。

 

 

地震に伴う痛ましい報道も相次いでおります。

地震は自然災害とはいえ、心苦しくなる次第です。

 

被害に遭われました方々に心よりお見舞い申し上げます。

引き続き該当地域にお住いの皆さんは今後の余震活動にも厳重にお気をつけください。

紫陽花

一週間の始まりの月曜日。

入梅は紫陽花の季節。

列島も、曇天に降雨が織り成す本格的な梅雨シーズンに入りました。

ウエーダーがあれば! 川の中を歩くのが楽しい。

仕事柄ウエーダーは複数持っているのですが、2014年5月から着用しているウェーダーを今月から新調しました。

 

ウエーダーとは、防水長ズボンのようなものでこれを穿けば水の中に入っても中の衣類が濡れずに快適に「入水の釣り」が楽しめる優れものなのです!

ちょっと意味は違ってしまうのかもしれませんが、日本では似たようなイメージで胴長と呼ばれることもあります。

 

今回は4年前の2014年5月に撮影したこちらのウエーダーを新しくしました。

①

②

W-34 SP3 AQ ZIPウェーダー。

4年前のおろしたて当時に撮影した写真ですから、新品感がありますね。

 

 

海に、川に、湖に。

私の使用頻度で4年間も使い込むとウエーダーの生地は相当なダメージを受けるものですが、それでも浸水は一度もなく4年間の酷使によく耐えてくれたものです。

 

自身にとってのウエーダーは、非日常へ飛び出すためのスーツであると同時に仕事着(作業着)でもあり、あるときにはアングラーの正装、にもなる「とても面白い存在」なんですね。

世の中には沢山の種類の魚釣りが存在するわけですが、もちろんウェーダーを必要としない釣りもたくさんあります。

その一方でウェーダーを着用することで、はじめて踏み込める世界ってのもまたあるものですから、ウエーダーが果たしている役割って実のところ大きなものになっています。

 

 

 

さて、工業品である釣り竿やリールとは異なり、生地を重ね合わせた『衣服』である以上、生地は経年でも劣化をしていきますので、ウェーダーもその使用年数にはあらかじめ限界のときが訪れます。

ウェーダーの劣化スピードには、生地のグレードや使い手の使用頻度、使用後の適切な手入れと保管状況などが総合的に問われるものですが、一般的に考えればウェーダーは2、3年で交換するのが理想の周期とされています。

早めの交換が提唱されている最大の理由は、生地の劣化により外部の水が中まで染みてきてしまうことで、浸水の不快感ならびに危険を回避するため、でもあります。

 

私も3年目からは特に気を使っていたのですが、生地の耐久性に定評あるリトルプレゼンツ製ですので使用4年目に突入しても安心した気持ちを持って着用することができました。

このウェーダーにしてからこの4年間で、一番の収穫となりました。

ところどころ擦り切れ箇所や摩擦で生地が薄くなってしまったところが部分的にあっても、水が染みてこなかった耐久性はさすがリトプレさんだなぁー、と感心しました。

 

 

 

先週のリバーウォーク誌Vol.3取材。

初夏の清流サクラマスとの対面を果たせたこのタイミングで、4年間使い込んだウエーダーを第一線の場から勇退させることにしました。

とうに十分過ぎる役目を果たしてくれたので、ありがとう!の前向きな引退です。

 

次なる相棒はこちら!

④

⑤

新調したのはW-47 N3 AQ ZIPウェーダー

W-34 SP3 AQ ZIPウェーダーの後継モデルなので、同じくYKKアクアシール防水ファスナー搭載のストッキングタイプのウエーダーです。

 

 

元々この機種のウェーダーは試作品のときから実釣テストに携わったモデルで、そのような意味でも自身思い入れのある一着なのですが、新旧のウェーダーをロケ現場に持っていき、フィールドでバトンタッチ。

こちらが、穿き替え後の実釣風景の一部です。

⑥

⑦

⑧

とてもいいタイミングで、引き継ぎが果たせました。

 

今度のウェーダーは、色違いのチャコールグレイカラーにしました。

(他には、これまで愛用していたクラウディーグレイカラーが展開されています。)

このウェーダーも、これからの数年間、雨の日も、雪の日も、風の日も、暑い日も、川や海、湖でたくさんの時間を苦楽共にできればうれしいです。

 

釣れる時間も、釣れない時間も。

ウエーダーの果たす役割には変わりありませんからね~。

 

 

4年振りに新調した新しいウェーダーの「穿き心地」もまた気持ちがいいもの!

気分一新。

⑨

水の中を歩くのって、楽しい!

引き続き、生地に水を馴染ませつつ“川歩き”を堪能したのでした。

 

RIVER-WALK Vol.3もどうぞお楽しみに!

デプス×プロズワン デスアダーシャッド4インチ「♯14オオモンキンクロフラッシュ」カラーでのヒラメ釣果情報

宮城県の千田さんよりデプス×プロズワン デスアダーシャッド4インチ「♯14オオモンキンクロフラッシュ」カラーでのヒラメ釣果情報をお寄せいただきました。

 

①

「先日ヒラメ狙いで釣行してきました!

まだ大きなヒラメを釣った事がなかったので今日こそは!!と意気込み、ロックトランジットRTS-902MHロングスピンキャスター90とデプス×プロズワンデスアダーシャッド4インチを持って出掛けました。

21gのジグヘッドにデスアダーシャッド4インチ(色はオオモンキンクロフラッシュ)をセットして釣り開始です。

ロングスピンキャスター90で大遠投!

沖の深場では当たりがないので、目先を変えて浅い場所にキャストしてボトムを感じながらスローリトリーブ。

すると、引ったくるような強烈な当たりがありました!

ロッドのしなりを活かして、当たりを弾かず乗せれました!

上がってきたのはヒラメ!!

思わず嬉しすぎてガッツポーズ!

 

久々にヒラメに会えたので嬉しかったです!

ロックトランジット、デスアダーシャッド、最高です!!

もっと大きなヒラメが釣れるように、今後も努力していきたいです。」

 

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

東北・北海道の寒流エリアもヒラメのサマーシーズンに突入し、ヒラメ狙いに繰り出す好機が訪れましたね。

深場でアタリがなくとも浅場に狙いを切り替えたという、目先を変えた的確なアプローチは実にお見事です。

今後も素晴らしき釣果に恵まれますことお祈りしております。

デプス×プロズワンデスアダーシャッド4”「♯13アカキンフラッシュ」カラーでのアブラコ(アイナメ)釣果情報

北海道の山田さんよりデプス×プロズワンデスアダーシャッド4”「♯13アカキンフラッシュ」カラーでのアブラコ(アイナメ)釣果情報をお寄せいただきました。

 

①

「朝マズメを日本海の磯でヒラメ狙い!

デプス×プロズワン デスアダーシャッド4インチの#13アカキンフラッシュを装着!

少し暗いうちから狙うがヒラメの反応が無い。

少し明るくなり、 あたったと思ったらアブラコやホッケ。

すぐ辺りは日も登り、潮もあまり動かず、これはアブラコを狙えって事かな?と思い磯際など ヒラメ用リグで狙う!

アブラコを飽きさせないように デスアダーシャッド4インチのカラーを#13アカキンフラッシュと#08グリーンゴールドを交互に使い分けて狙い、やっぱり磯のアブラコ。

②

③

④

スイミングパターンで、コンディションの良いがアブラコ10本近く出ました!

ヒラメが駄目でも、磯ではアブラコが楽しませてくれますね!

次回はヒラメを頑張りたいと思います!」

 

使用タックル

(ロッド)

プロズワン ロックトランジットRTS-902MHロングスピンキャスター90

(リール)

ダイワ セルテート3012

(ライン)

クレハ シーガー PE X8   2号

(ショックリーダー)

クレハ     シーガーグランドマックスFX 5号

(ワーム)

デプス×プロズワン デスアダーシャッド4 インチ

#13アカキンフラッシュ

#08グリーンゴールド

 

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

初夏のアブラコは飽食の限りを尽くして抜群のコンディションと化す時期ですよね。

シャッドテール系ワームに喰らいつくアブラコは、針掛かり後の強い走りも魅力的です。

今後も素晴らしき釣果に恵まれますことお祈りしております。