ロックフィッシャー佐藤文紀

ロックフィッシャー
佐藤文紀
(さとうふみのり)
元祖・根魚ハンターとして、数々のIGFA世界記録及びJGFA日本記録を有し、「根魚釣りの専門家」として東北〜北海道を拠点に全国各地の根魚を追い続ける。
又、フラットフィッシュや大型トラウトの釣りにも造詣が深い。
2011年、自らがプロデュースするブランド、PRO’S ONEを立ち上げた。
NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)評議員

キャッチアンドリリースのお願い

豊かな自然とグッドコンディションの魚を守るため、必要以上のキープは慎み、又、産卵前の個体やこれから大きく成長していく若魚は、ぜひともリリースを心掛けましょう。
釣り場環境への負担を最小限に抑えることで、次世代に渡り末永く楽しめることを願って―。

ロックトランジットRTC-702H“ヘビーライト”でのマゾイ(キツネメバル)の釣果情報

岩手県の及川さんよりロックトランジットRTC-702H“ヘビーライト”でのマゾイ(キツネメバル)の釣果情報をお寄せいただきました。

 

①

「この日の釣行はボートロックに繰り出しました。

あいにく波が高くて岸寄りには寄れずキャスティングでの釣りが難しいため、船長の判断で沖根を打つバーチカルな釣りになりました。

 

真下にリグを投下していきます。

デプス×プロズワンデスアダーグラブ4インチはこの日の当たりルアーでした。

プロズワンのワームは平均的に釣れるサイズが大きいので、大物狙いには必須です。

メインはシンカー6号~のフリリグです。

 

ウネリがあって底取りしにくいため、アクションはリフトしたらそのままラインテンションを張ってカーブフォールさせるのではなく、クラッチをきり、フリーフォールさせていきます。

 

「コン…」と、バイトかな〜と思うほどの弱々しいバイトが続出する中、地道に作業を繰り返していきます。

大物のソイを狙いたく、アイナメ狙いよりも気持ち高くリフトアップしフリーで落とすと弱々しいバイト。

 

糸ふけを取り……鬼フッキング!

 

ボートロックと夜のオカッパリクロソイ釣りで愛用しているロックトランジットRTC-702Hヘビーライトがグンッと気持ちよく曲がりこんでいきます!

変なクセがなく穂先からスッと吸い込まれていくように入っていくのがすごく良くて、ロッドはきれいに曲がっていきますが、ブランクはまだまだ余力を残しているのがはっきりと分かります。

ロックフィッシュロッドながら、大物のソイ相手でもビクともしないロッドなんだなぁ~とその強靭な造りがよく分かります。

掛かっているターゲットが大きいことは確実ですが、魚の重量感と引き(動き)に素直に追従していくロッドベンドとリフティングパワーは圧巻!!

さすがはロックトランジット、大物とのやり取りを楽しみました。

 

上がってきたのはビッグなマゾイ!

かっこいい一本でした!!

 

波が高くて釣りづらい日でしたがプロズワンタックルを駆使し、アイナメ、ソイでトータル10本ぐらいの釣果に恵まれました。

ソイの大物だけでなく、アイナメのマックスサイズも45cmオーバーが出て楽しい釣行になりました。」

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

厳寒期の釣りはどうしても海が荒れていることが多いですよね。

そんな最中においても大物のマゾイの釣果、実にお見事でございました。

今後も素晴らしき釣果に恵まれますことお祈りしております。

雑誌「SALT WATER 2018年 3月号」(地球丸)が発売

★プロズワンからのお知らせ★

1月21日(日)、雑誌「SALT WATER 2018年 3月号」(地球丸)が発売されました。

 

■2018 NEWタックル&ルアー大公開!

FROM プロズワン: ロックフィッシュの水平線をひた走る孤高のブランドが、フィールドから生まれたロックツールを発信。2018年は集中してハタゲームを追及するー。

●ロックトランジットRTS-962H“ロングスピンキャスター96”

●デプス×プロズワン デスアダーシャッド4”

●デプス×プロズワン デスアダーグラブ4”新色(新マテリアル)

●デプス×プロズワン デスアダーカーリー5”新色(新マテリアル)

●デプス×プロズワン デスアダーホッグ3”新色(新マテリアル)

●デプス×プロズワン スパイニークロー3.5”新色

 

2018年新製品特集にてロックフィッシュロッド「シューティンウェイコンセプト/ロックトランジットRTS-962H」“ロングスピンキャスター96”、ロックフィッシュソフトルアー「デプス×プロズワンデスアダーシャッド4”」・「デプス×プロズワンデスアダーグラブ4”」新色・「デプス×プロズワンデスアダーカーリー5”」新色・「デプス×プロズワンデスアダーホッグ3”」新色・「デプス×プロズワンスパイニークロー3.5”」新色の仕様が紹介されました。

 

 

ぜひ、ご覧くださいませ。

ロックトランジットRTC-702H“ヘビーライト”、デプス×プロズワンスパイニークロー3.5インチでのアイナメの釣果情報

宮城県のテツさんからロックトランジットRTC-702H“ヘビーライト”、デプス×プロズワンスパイニークロー3.5インチでのアイナメの釣果情報をお寄せいただきました。

 

①

「昨年12月中旬の息子とのボートロック釣行ではプロズワンタックルを駆使して20本位のアイナメに遊んでもらいました!

この日はナギもよく、最高の釣り日和。

②

パワーもあり、キャスタビリティーもよく、操作性&感度もバツグンの愛竿ロックトランジット702Hヘビーライトと、この日のアタリカラーのビジブルチャートオレンジカラーのプロズワンワームアイテムが大活躍してくれました。

オカッパリではロックトランジットRTC-922EXHロングベイトキャスター92も愛用しているのですが、竿のガイドが小さすぎないのでキャスト時にガイドとノットの干渉を防げ、PEラインと結束したリーダーの抜けに優れている点もさすがはプロズワンロッドです。

釣り人目線を大切にした細やかな点まで配慮されて開発されていることがとても伝わってきます。

それに、飛距離もすごいです。

③

自分がキャストして息子にロッドをバトンタッチすると、50UPのアイナメも釣れてくれた良い釣行になりました。

④

今後は天候次第ですが息子と一緒にプロズワンタックルを駆使して親子でロックフィッシュ釣行を楽しむ予定です!」

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

親子で楽しむロックフィッシュゲーム、お写真からアットホームな情景が伝わりとても微笑ましいですね。

アイナメも大物の登場に、お子さん大喜びだったのではないでしょうか。

今後も素晴らしき釣果に恵まれますことお祈りしております。

デプス×プロズワン デスアダーカーリー5インチでのベッコウゾイの釣果情報

宮城県の武田さんからデプス×プロズワンデスアダーカーリー5インチでのベッコウゾイの釣果情報をお寄せいただきました。

 

①

「ボートロックに行って来ました。

この日はアイナメを避けてのベッコウゾイ狙いで、比較的浅く海草の多いエリアで釣り開始。

アイナメが掛かってきてしまう分には仕方ありませんが、ベッコウゾイに集中して効果的に釣ることが出来ないかな?と考えてジグヘッドリグを使いました。

ワームは、ベッコウゾイ狙いに効果的なデプス×プロズワンデスアダーカーリー5インチ!!

ベッコウゾイはアイナメよりも遥かに口が大きいのでデスアダーカーリーのワームサイズで問題ありません。5インチの全長ながらスリムボディーな上にスリットも入っているので、フッキング性能も良好で、ソイ狙いでも使い勝手に優れたワームです。

ベッコウゾイを狙って釣りたい方にはオススメのワームです。

②

色はそのときにもよりけりですが、「♯04モーターオイルゴールド」カラーはベッコウゾイに特化した釣りにおいては釣果安定しやすく、海草が多いところでは特に有効です。

ボートロックといえども、いつもベイトタックルだけで狙いの魚を喰わせられるわけではないので、スピニングタックルの重要性を最近は特に感じて見直しています。

自分の釣りをやりきるためにロッドはスイミントレーサーに、改良したジグヘッドをセットしました。

釣り開始から3回目のキャストでカーブフォール&ハングオフさせていると、ベッコウゾイ独特の「ドン!」というバイトが !!

一息入れてからフッキング、ベッコウゾイの強烈な引きを感じながら無事にランディング成功。

自分の考えていたジグヘッドリグの釣りで釣ることが出来たので、たまらなく嬉しかったです。」

 

 

使用タックル

 

ロッド:プロズワン シューティンウェイSWS-702Lスイミントレーサー

 

リール:ダイワ 13セルテート2510PE

 

ライン:シーガーPE X8   0.8号

 

リーダー:シーガーグランドマックス4号

 

リグ:カルティバJH-11ラウンドヘッド3/8oz 改(ブラシガードセッティング)

 

ワーム:デプス×プロズワン デスアダーカーリー5インチ

(カラーはモーターオイルゴールド)

 

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

ブラシガードが針とは逆向き方向にセットされたジグヘッドが印象的ですね。

アイナメを避けてソイを狙う、というベッコウゾイへの熱い意気込みもひしひしと伝わってまいります。

今後も素晴らしき釣果に恵まれますことお祈りしております。

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018新年のご挨拶

本年も、この綴りでは季節折々の旬の彩りを交えつつ豊かな自然が育む魚たちの魅力や習性・生態、釣りであと一歩魚に迫るためのコツなど、素朴ながらも楽しい話題を綴れたらと思っております。

何かと忙しない世の中ではございますが、お手すきの時間にでもお付き合い下されば幸いです。

平成も30年を迎えた本年もなんどきも事故や怪我なく、釣り愛好家の皆様が元気に楽しく水辺でのひとときを安全の元に過ごせますようお祈りし、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 

 

平成30年、睦月

佐藤文紀