ロックフィッシャー佐藤文紀

ロックフィッシャー
佐藤文紀
(さとうふみのり)
元祖・根魚ハンターとして、数々のIGFA世界記録及びJGFA日本記録を有し、「根魚釣りの専門家」として東北〜北海道を拠点に全国各地の根魚を追い続ける。
又、フラットフィッシュや大型トラウトの釣りにも造詣が深い。
2011年、自らがプロデュースするブランド、PRO’S ONEを立ち上げた。
NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)評議員

キャッチアンドリリースのお願い

豊かな自然とグッドコンディションの魚を守るため、必要以上のキープは慎み、又、産卵前の個体やこれから大きく成長していく若魚は、ぜひともリリースを心掛けましょう。
釣り場環境への負担を最小限に抑えることで、次世代に渡り末永く楽しめることを願って―。

ロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”でのキジハタ釣果情報

香川県の青木さんからロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”でのキジハタ釣果情報をお寄せいただきました。

 

「やばいです♪

ロックトランジットで40アップのアコウ釣ったのは初めてですが、これまで同じ条件でシーバスロッドで40アップを掛けた時はなかなか上がってこず、パワー不足を痛感してました。

この竿(ロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”)はアコウを掛けて、仮にきわどいところの根に潜られそうになってもパワーが強いので不思議とアコウが浮いてくるのがわかりました!」

①

釣り場/香川県

リグ/7㌘  テキサス

ワーム/HPシャッド

 

満潮からの下げ始め、ロングスピンでの遠投からのリフト&フォールで 着低と同時にバイト。

45センチ、43センチ、40センチ、32センチのアコウをキャッチしました。」

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

“キジハタ釣りの本場”とも称される豊穣な瀬戸内海。

堤防のオカッパリでこのようなキジハタの大物と巡り会える貴重な釣り場ですよね。

迫力あるお写真をありがとうございました。

季節柄、今が最盛期を迎えているキジハタロックフィッシュゲーム。

今後とも素晴らしい魚との出会いに恵まれますこと、お祈り致しております。

 

 

~~~★プロズワンからのお知らせ★~~~

通信販売限定! 4軸カーボン搭載のファクトリーチューンドモデル「ロックトランジットRTS-902MH GRAND LIMITED」のご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/blog/?m=20160711

ロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”でのタチウオ・キジハタ釣果情報

岡山県のUJさんからロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”でのタチウオとキジハタ釣果情報をお寄せいただきました。

 

「ロックトランジットのロングスピンキャスター90を購入し、そのまま釣りに行ってきました。

ジャッカルのインチクで太刀魚、ジグヘッドではアコウ をキャッチしました。」

①

②

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

ロッドご購入後、すぐということでまさに入魂完了でございますね。

引き続き良き魚との出会いに恵まれますよう、お祈り致しております。

 

 

 

~~~★プロズワンからのお知らせ★~~~

通信販売限定! 4軸カーボン搭載のファクトリーチューンドモデル「ロックトランジットRTS-902MH GRAND LIMITED」のご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/blog/?m=20160711

アナザースカイとは何かを考える。

ひゃぁぁぁ~!!!

①

グリズリーです。

グリズリーは北海道に生息するヒグマの仲間ですが、こちらのはもっと大型。

立ち上がると3mくらいになる個体もいるそうです。

 

 

さて!

好きなテレビ番組はいろいろあるのですが、いつも全部は観れないので、その場合は「観れないまま」かあとは「まとめて録画しておいて時間が取れたときに一気に観たり」しています。

最近はもちろん、リオオリンピック!

各競技、日本選手団の皆さんの活躍が凄いですよね!

本当に心打たれます。

感動をもらいますよね!!

(寝不足も続いてしまいます。笑)

 

そんな今回の綴りは、海外のお話です。

 

先日、テレビを観ていたときのことです。

アナザースカイという番組は好きでよく観るのですが、サッカー女子なでしこジャパンの澤選手が出演するデンバーを紹介している回でした。

デンバーはアメリカ合衆国コロラド州にあります。

 

人それぞれに、思い出の地ってありますよね。

私の場合は国内であればアナザースカイな地は北海道と沖縄なのですが、日本にあってアイヌ文化と琉球文化という異文化が織り成す独特の地である魅力と、スケールの圧倒さと釣り文化の深みにも刺激を多く受けた北と南の聖地。

 

お話は戻りますが先月、私もデンバーに数時間滞在したので、テレビを観ていて思い出しまして今日はそのお話をー。

②

先月、テレビの仕事で海外に行っていたのですがロケ隊は次なる撮影でそのまま別国に行くため、私は日本に帰るため現地解散となり、私はトランジットしてデンバー国際空港まで一人でフライトとなりました。

 

日本では夜中ですが、アメリカでは逆転時間なので目覚ましのつもりでデンバーの空港で飲んだハーゲンダッツのカフェモカシェイクが大当たり。

③

これ、すっごく美味しかったので気分も上々!(笑)

 

ちなみに辛いものと苦いものは苦手なんです…。

なので、けっこう甘党だったりします。

なにせ…私=佐藤(砂糖)なだけに(爆)。

そんなことはどうでもいいとして、日本でも同じのが飲みたい!と思うくらい、とても美味しかったのです。

 

行きのカリフォルニア州サンフランシスコ空港同様に、帰りのトランジットも成田空港行きのフライト待機時間が5時間くらいあったので、また一人読書タイム&散策を楽しみます。

④

帰路のデンバー空港から成田空港への10数時間かかる機内では映画を満喫。

あとはデンバーの書店で購入した現地のフィッシングマガジンも面白かったです。

分からない英文は勝手に解釈!(笑)

読書に疲れたら、映画!

日本ではまだ公開されていない映画なども米国先行上映になっていると、ここで観れてしまうのもうれしい限りです。

 

Transit to Japan.

⑤

成田空港到着後は仙台空港便にそのまま乗り継いでフライト。

余談ですが、「ロックトランジット」という今年から新しくリリースされているロッドの名前は2年前に米国カリフォルニア州での夢釣行ロケの帰りにそのネーミングを決めました。

 

 

 

アイナメ。

⑥

んっ?

少し違います。

こちらはロックグリーンリングというアイナメで、種類的にはウサギアイナメの仲間です。

直訳すれば「岩アイナメ」。

アイナメは英語でグリーンリングで、日本のアイナメはファットグリーンリングという種類です。

ウサギアイナメは英語でロックグリーンリングという表記になるのですが、ウサギアイナメはウサギアイナメで日本に生息している種類と外国のウサギアイナメでは種類が違ったりします。

 

今でも日本に生息している根魚の中ではウサギアイナメという魚は私にとって一番好きです。

釣り方がどうとかブームとかに関係なく、魚として数いる根魚の中で最も思い入れがあるという意味です。

この魚だけは自身、特別です。

シューティンウェイに施したあの紫色(シューティンパープル)も、この魚への想いと情熱に由来しています。

高校生の頃から日本国内における根魚で最上の憧れだった「ウサギアイナメ」よりも更に高緯度地域に生息するウサギアイナメの仲間【ロックグリーンリング】。

ただでさえ希少なウサギアイナメですが、海外産ウサギアイナメともなると更に希少な出会い。

今回、オカッパリでキャッチしたこともまた大きな喜びでした。

こういう釣り、ロックフィッシャーとしてはずっと夢でしたから純粋に、仕事に関係なく本当に本当にうれしかったです。

釣ったうれしさもですが、魚好きとしては、憧れの魚に直に触れることの出来たうれしさ、自分の目の前にいるうれしさがすっごく!!

 

ロックグリーンリングは日本のテレビ映像で紹介されるのは、これが初めてかもしれません。

他にもたくさん魅力的な根魚が続々と登場します!

 

 

 

来月になりましたら少しずつ詳細をお知らせしてまいります。

⑦

BS日テレ「夢釣行」特別編。

佐藤文紀inアラスカ。

 

あのカリフォルニアドリームの感動から2年。

いつか必ず…。と思っていた、私にとって永遠の憧れの地・世界最高峰の根魚フィールドが今回の舞台。

 

この地に、この海に、降り立っただけでも根魚釣師として生涯忘れぬ幸せ。

偉大なるアイランド・コディアックの恩恵を全身全霊に込めて。

⑧

10月にテレビ画面を通じて、いつものように皆さんとお目にかかりましょう。

 

シューティンウェイと共に挑んだアラスカロック!

ロックトランジットと共に挑んだアラスカロック!

紫と水色に託した新旧の根魚魂が一丸となってこの夏、私と一緒に旅をしてくれました。

私にとっては、いつでも。どんな時でも。頼れる旅の友、です。

規格外の魚は別としても、世界の根魚相手でも真っ向から向き合えるのも信頼の証となっています。

 

放送をお楽しみいただければ幸いです。

灼熱のバスフィッシング。

冒頭早々にこの格好で失礼します。

①

この日も余裕で30℃超え日。

日焼け対策です。

決して、あやしい者ではございません…(笑)。

真夏の猛暑のなかの釣りではこのぐらいの万全なる日焼け対策を施さないと…後々ひどい日焼けになってしまうのでこうしています。

 

 

数ヶ月前から予定していたバス釣りへこの日はレッツゴー。

学生時代の友人数名から「バス釣りに行こうぜ!」と誘われていたのです。

自分はバス釣り、しばらくやっていないのでうまく投げられるかが不安です(爆)。

でも、一度習得した「感覚」って凄いものですね。

私の年代はスコーピオン世代(【完全無欠のジャパンスタイル! ヤー!ヤー!ヤー!】。※知らない世代の方はあとで調べてみて下さいね。)なので当時、小学生~中学生だった私たち世代の多くのバス釣り少年達はこぞって王様・村田基さんのミラクルキャストに憧れ、必死でベイトキャストリールを投げる練習をしたのではないでしょうか。

私は恥ずかしがり屋なのであまり言うことはできませんでしたが…、同級生のみんなはバスが掛かると「フィ~ッシュ!!」とすごく大きな声で叫んでいたのものです。

いやぁ~懐かしいですね~。

そうそう! スキッピングで何回バウンドできたか!などは皆で練習して競ったりもしました。

ガード付きラバージグに、トレーラーワームはLAキングパドルで決まりですっ!というくらいのド定番品。

当時はパドルテールワームも好きでよく使っていました。

ウォーターランドのLAキングパドル!

ケイテックのカスタムパドル!

ノリーズのエスケープ!

カリフォルニアワームのカリフォルニアパドル!

エバーグリーンのスーパーライブのパドルワーム等々、よく愛用していました。

あとはプロダクトワームとか、ゼタベイトのギルレイカー、ラッキーストライクのギドバグなんかもずいぶん使ったものです。

当時、中学生のお小遣いで買うのはみんな大変だったので、手分けして一人1パックずつ購入してみんなでワームを分け合って使ったりもしました。

私なんかは友人の使い古しのワーム(もういらないや!っていう物)をもらって、ロウソクの火であぶって補修して再利用とか!(笑)。

それだけ大事に、何度も何度も繰り返し使ってたりしました。

今の時代の学生さん達には信じられない話かもしれませんよね(笑)。

 

90年代前半~後半の話。

そういう時代もあったのです。

②

③

あれから20年も経ち。

2016年8月のこの日はトップ~ワームまでいろいろ投げてみました。

ビッグベイト、スピナーベイト、巻きラバ、ガード付きラバージグ、直リグ、テキサス、シャッドテールワームノーシンカー、ファットイカ逆付けバックスライドなどなど。

個人的にはバズベイトやペンシルベイト、ポッパーなどのトップウォーター系ルアーも好きなので勿論それらも!

 

 

釣り中、水面に落下していたオニヤンマやカブトムシを何度も救出。

結構、落ちてもがいている昆虫いるんですよね~。

羽が乾くと、再び元気に飛んでいってくれました。

④

こういう風景、すごく好きなんです。のんびりしていて。

釣果は二の次でいいです。

 

⑤

私は虫たちと遊びながら時々キャストしていたのですが、黙々とクランクベイトを巻き倒していた友人は51センチのバスを仕留めていました。

 

時には童心にかえっての、釣り遊びもいいですね~。

喧騒を忘れて水辺で過ごす静かな時間。

私にとっても必要な人間時間です。

⑥

釣りは釣りでも、心に余裕を持った釣りもー。

 

現在、日本付近に台風が3つも接近しているようです。

皆さんも今後の台風の動向にはくれぐれもご注意くださいね。

ロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”GRAND LIMITEDでのオオモンハタ釣果情報

東京都の竹谷さんからロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”GRAND LIMITEDでのオオモンハタ釣果情報をお寄せいただきました。

 

 

「静岡県西伊豆でのハタ全般のボートゲームを楽しんできました。

①

今回、初使用のNEWロッド「ロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”グランドリミテッド」を持ってチャーター船に仲間と乗り込みます。

昼頃までは同船者がオオモンハタやアカハタをあげていましたが、僕にチャンスが訪れたのは昼頃でした。

水深30メートルくらいのエリアでボトムから3から5メートルほど上を、40グラムジグヘッド+シャッドテールワームを一定リトリーブ、その後フォールを入れ、巻き始めと同時にドスンと重いアタリ。

根に潜られないように、4軸カーボン搭載のグランドリミテッドの強烈なバットパワーを活かし一気に浮かして上がってきたのは、なんと49センチのビッグオオモンハタ!!

②

その後もアカハタやアヤメカサゴ、カサゴなどを追加しました。オオモンハタに関しては仲間全員で船中10匹以上という好釣果に恵まれました。

オオモンハタは凄まじい引きでしたが、ロングスピンキャスターのパワーや吸い込みバイトやリトリーブ中の急なバイトを弾かない絶妙な硬さのティップなど、ロッドが仕事をしてくれ大活躍でした。

また、一般的にボートロックでは9フィートのレングスは長いと思いがちですがスピニングタックルの特性がとても活きるオオモンハタゲームに関しては縦の誘いや底から巻き上げてくるスイミングよりも、一定層を横に巻いてきた方が有効ですので、ボートからとはいえ距離のあるキャストが必須です。

そのため、ロングキャストが有利になるため、ロングスピンキャスター909フィートという長さのアドバンテージを感じました。また、ロッドストロークが取れる分、フォールコントロールも容易に出来ますし、深場でのフッキングも良いため良いこと尽くしです。

③

グランドリミテッド、最高の入魂となり大満足でした!!

 

オオモンハタに関しての個人的感想ですが、当日はワラサやシイラもヒットしたほど、ボイルが多発したエリアが中心での釣果でした。

ベイトフィッシュがいるエリアのみでの釣果でしたし、水深やボトム変化や底質に一貫性がありませんでしたので、ベイトフィッシュの存在がオオモンハタを釣るための大きなキーワードになっていました。

前回は、岩の隙間でのテンションフォールで食ってきましたが、ワームアクションもスイミングがメインです。

船長もスイミング以外でオオモンハタが釣れるのはなかなか見ないとおっしゃっていました。

 

個人的には潮の向きに対してリグをどう泳がしてくるかが大事ではないかと感じています。

今月号のソルトウォーターの「考えるロックフィッシュゲーム」特集でも佐藤さんが細かく解説されていらっしゃるように、オオモンハタは根魚でありながらも遊泳力に非常に優れているため、流れに着くシーバスのような印象がやはり強いです。

流れがあると魚の向きがイメージしやすいというのももちろんあり、釣りやすいというのもありますが、明らかにヒットする時の潮の流れがあるような感触が強いです。

又、同行の仲間はボトムからの巻き上げのスピードを大事にしていました。ボトムから素早くリグを浮かしている感じです。

キジハタ、アカハタ人気に続くオオモンハタゲームはまだまだ開拓途中の釣りですが、房総半島や伊豆半島でも数が増えてきている魚ということで今後も楽しみな魚の一つです。

ちなみにメタルジグも仲間が試していましたが、この日は反応はありませんでした。」

 

 

素晴らしい釣果と詳細なレポートもありがとうございました。

50センチに迫るオオモンハタたるものや、さぞ凄まじいファイトだったものと思います。

現在、大人気となっているキジハタブームを発端にアカハタ、そしてオオモンハタとまだまだ魅力的なターゲットが発掘されているロックフィッシュゲームの世界。

オオモンハタゲームもまた深く追求されていく、今後が楽しみなターゲットですよね。

これからも素晴らしい魚との出会いに恵まれますようお祈り致しております。