ロックフィッシャー佐藤文紀

ロックフィッシャー
佐藤文紀
(さとうふみのり)
元祖・根魚ハンターとして、数々のIGFA世界記録及びJGFA日本記録を有し、「根魚釣りの専門家」として東北〜北海道を拠点に全国各地の根魚を追い続ける。
又、フラットフィッシュや大型トラウトの釣りにも造詣が深い。
2011年、自らがプロデュースするブランド、PRO’S ONEを立ち上げた。
NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)評議員

キャッチアンドリリースのお願い

豊かな自然とグッドコンディションの魚を守るため、必要以上のキープは慎み、又、産卵前の個体やこれから大きく成長していく若魚は、ぜひともリリースを心掛けましょう。
釣り場環境への負担を最小限に抑えることで、次世代に渡り末永く楽しめることを願って―。

岩手県の高橋さんよりロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”グランドリミテッドでのアイナメの釣果情報

岩手県の高橋さんよりロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”グランドリミテッドでのアイナメの釣果情報をお寄せいただきました。

 

①

「この日は岩手沿岸の磯にオカッパリに行きました。

季節的にはシャローに魚が寄っているだろうと思い、朝から昼頃までその大部分の時間をベイトタックルでやっていたのですが、ベイトキャストで届く範囲ではバイトがありません……。

移動を繰り返しますが、どこも魚のいる感じがないのです。

このままではボウズになりそうですが、今ではロングスピンという手があります。

ベイトタックルからロングスピンキャスター90グランドリミテッドに持ち替え、テキサスリグを大遠投。

遥か沖に着水します。シンカーの着水地点がベイトとロングスピンとではそもそもケタ違いです。

ずっと遠くにある根を目がけてロングキャストしたら一撃でこのアイナメが出ました!

リグと釣り方はクランクシンカーSP21gにカルティバの岩礁カウンターロック2/0にバークレーパワーベイトパルスワーム4インチのチェリーシードのテキサスリグをスイミングしてキャッチしました。

グランドリミテッドはスイミングバイトを弾かない柔軟性がありながら、パワフルなロッドなので遠方でヒットさせて魚もグイグイ寄せられて気持ちいいファイトが楽しめました。

16ポンドのフロロカーボンを巻いたベイトリールと、1号のPEラインを巻いたロングスピンとでは攻められる距離の差で魚の反応がまるっきり違うことを噛み締めるうれしい1尾です。

近年ではもっぱら釣れなくなってきた東北アイナメですが、ロングスピンを併用することでまだまだ獲れる魚が増える、ということを日々実感しています。

これからもベイトとロングスピンの2本を携えて釣り場に向かいたいと思います。」

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

只今最盛期を迎えておりますが、まだまだ続くアイナメシーズン。

今後も素晴らしき釣果に恵まれますことお祈りしております。

 

 

~~~★プロズワンからのお知らせ★~~~

通信販売品のご案内

■ロッド:ロックフィッシュロッド

通信販売限定! 4軸カーボン搭載のファクトリーチューンドモデルスピニングロッド「ロックトランジットRTS-902MH GRAND LIMITED」

ご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/rocktransit.html

 

■ルアー:メタルジグ

通信販売限定! ただ巻きジグ「ブルーオリオン」通販限定ヒラメスペシャルカラー!

♯13 ヒラメゴールド

♯14 ヒラメピンクキャンディー

ご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/blue_orion.html

枯れ葉、水面(みなも)に舞い落ちる三陸の海の夕暮れ。

哀愁漂う、この時刻は明と闇の境目。

①

枯葉が水面(みなも)に舞い落ちる三陸の海に夕暮れが迫ります。

今日という日を振り返りつつ、何かがシンミリと心に響く時間です。

 

10月、11月に最盛期を迎えた北海道に続くこと、東北のアイナメ釣りは11月、12月のちょうど今時期が冬の好シーズン。

②

この日、三陸の港での黄色いオスのアイナメ。

鮮やかな婚姻色が美しいですね。

北米に生息するアイナメ「ケルプグリーンリング」のメス並みに美しい、日本のアイナメのオス。

③

ロングスピンで軽々と100m以上投げて、アイナメをポンポン釣っていた渡辺君。

続けて!

手前寄りに水深15m以上の深場が隣接しているような場所であれば、100m未満のキャストでも魚の溜り場を見つけられればよく釣れていました。

ロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”グランドリミテッド。

④

こちらのアイナメは、ガルプSWダブルウェーブ3”のカモをがっぷりと。

70、80m程のショートキャスト?で釣れていました。

よく釣りますね~。

 

 

近年はルアーにスレた根魚がまた一段と多くなったと私も感じています。

特に岸釣りはルアーが届く範囲に物理的な限界があるゆえ、日々いろいろなルアーが水中に投下されている現在、ルアーに対し好奇心以上に警戒心を抱いてしまうケースの魚も増してきている気もします。

その点、まだルアーを見たことのある回数の少ない(日々、飛び交うルアーを見る機会が少ない)遠方の魚を狙えるロングスピン釣法はこのご時勢においてこういった状況下・環境下におかれた魚を狙っていくには打ってつけの釣り方として浸透していきました。

シャローと違って水深があればあるほど深場というのは真横にルアーを引っ張り続けて誘うのが難しいため、ラインの浮力も影響大きく、大半の場合は点でしかルアーが落ちていきにくいことからルアーを直視し続けてきたアイナメはまだ数少ないだろうこともあってか(ルアーという存在そのものを見ている期間が短いので)、フォールしてきたルアーへの反応が素直な個体が多いのも納得です。

 

アオリイカのエギングも「岸釣りからでもディープをどう攻めるか?」といった方向に近年ではタクティクスが大きく進んだように(本当のディープの釣りは船からのティップランにはなりますが)、アイナメのロックフィッシュゲームも一昔前の魚が多かった頃はシャローゲームだけでも充実度の高い釣りが成立していた時代を経て、昨今では更に時が進み、岸からのディープ攻めをどのように組み立てるか?ということが今後に問われる、大きな課題のひとつとして目前に迫っています。

もちろん、アイナメ以上に深場を好むソイ類(ムラソイを除く)とハタ類を狙うにはディープまでいかにして射程距離を広げるか?はとても大きなテーマです。

PEラインにスピニングリール、ロングスピンにロングベイトといった流れ・方向性やキーワードはまさに今の時代を象徴しています。

 

 

釣りをしていると、時間の流れはあっという間。

今月は誰もが忙しい師走。

⑤

さて、行かなくてはー。

 

わずかな時間でしたが、ほのぼのとした海辺の景色が気休めになりました。

釣り場でお会いしました皆様方、ありがとうございました。

 

 

~~~★プロズワンからのお知らせ★~~~

通信販売品のご案内

■ロッド:ロックフィッシュロッド

通信販売限定! 4軸カーボン搭載のファクトリーチューンドモデルスピニングロッド「ロックトランジットRTS-902MH GRAND LIMITED」

ご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/rocktransit.html

 

■ルアー:メタルジグ

通信販売限定! ただ巻きジグ「ブルーオリオン」通販限定ヒラメスペシャルカラー!

♯13 ヒラメゴールド

♯14 ヒラメピンクキャンディー

ご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/blue_orion.html

岩手県の大下さんからシューティンウェイSWC-802EXHスキップランでのアイナメの釣果情報

岩手県の大下さんからシューティンウェイSWC-802EXHスキップランでのアイナメの釣果情報をお寄せいただきました。

 

①

「重茂ボートロックに行ってきました。ロッドはシューティンウェイのスキップラン、8フィートの長さを活かして長めのストロークで魚にアピールさせるイメージで釣りしました。

アイナメのハイシーズンだけあって魚からの反応はよく、多数のバイトがでました!

その中でいきなりのビッグバイトでしたが、しっかりとスキップランが受け止め55cmをキャッチです!

大きいサイズもまだまだ狙えるのでこれからも頑張ります。」

②

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

シーズン最盛期のアイナメ釣り。

今後も素晴らしき釣果に恵まれますことお祈りしております。

 

 

~~~★プロズワンからのお知らせ★~~~

通信販売品のご案内

■ロッド:ロックフィッシュロッド

通信販売限定! 4軸カーボン搭載のファクトリーチューンドモデルスピニングロッド「ロックトランジットRTS-902MH GRAND LIMITED」

ご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/rocktransit.html

 

■ルアー:メタルジグ

通信販売限定! ただ巻きジグ「ブルーオリオン」通販限定ヒラメスペシャルカラー!

♯13 ヒラメゴールド

♯14 ヒラメピンクキャンディー

ご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/blue_orion.html

初冬の寒ハゼに想いを寄せて

澄んだ空気に突き抜ける釣り竿。

①

狙いは、マハゼ。

 

ハゼ釣りは秋~初冬にかけての風物詩のひとつであり、幼少の頃から慣れ親しんだ釣りの原点。

 

護岸工事や水質悪化、泥の蓄積等…年々ハゼも生息環境の悪化もあってか全国的に釣りづらくなってきて、私が子供の頃のようなわけにはいかなくなってきた感はあるのですが、それでもこの魚と対峙することで楽しみたいのは“その雰囲気”。

②

時の流れは変わっても、北上の悠久の流れは変わらない。

その世界観はこのご時勢にあっても健在です。

 

本格的な投げ竿はもちろんですが、シーバスロッドやサクラマスロッドなど9ftくらいの28g程度まで背負えるルアー竿がハゼの投げ釣りでも手返し良くて昔から好きで併用しています。

天秤仕掛けにオモリは10号~12号。

ハゼ針や丸せいご針にアオイソメをつけてのブッ込み釣り。

③

この釣りも昔はもっぱらナイロンラインでしたが、私の場合には遡ること18年前の高校時代からPEラインに変えました。

当時は今とは時代背景が違いますからルアーフィッシング用PEラインなんていうのはまだ少ない時代で、投げ釣り用PEラインを愛用していました。

 

とはいえ、この釣りに限っては糸はナイロンでもPEでも、飛べばフロロでも何でもいい気もしています。

形にとらわれない、あくまでも自由なスタイルで。

 

ですが、コツはちゃんとありまして時々サビいてハゼの溜り場を探すのが◎。

ちょっとルアーテイストなエサ釣りがとても心地いい。

海の砂地では同じような感じでやればカレイも釣れるし、仕掛けを換えて夜の海に繰り出せばアナゴ(ハモ)なんかも狙えちゃうところもこのスタイル。

 

大の大人もハマる、粋なハゼ釣り。

本気で釣るとなると、そこは釣りですから難しくもあり奥が深い。

 

その根源は幼少の頃の釣り体験から。

④

自分の釣りが始まった世界観はいつまでも大切にしていたい、この来たりし冬も寒のハゼに想いを寄せてー。

 

 

~~~★プロズワンからのお知らせ★~~~

通信販売品のご案内

■ロッド:ロックフィッシュロッド

通信販売限定! 4軸カーボン搭載のファクトリーチューンドモデルスピニングロッド「ロックトランジットRTS-902MH GRAND LIMITED」

ご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/rocktransit.html

 

■ルアー:メタルジグ

通信販売限定! ただ巻きジグ「ブルーオリオン」通販限定ヒラメスペシャルカラー!

♯13 ヒラメゴールド

♯14 ヒラメピンクキャンディー

ご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/blue_orion.html

グレンフィールド/ZEAL OPTICS(ジールオプティクス)さん来社

先日の地震・津波にはびっくりしましたね。

5年半前の東日本大震災の余震とのことですが、該当地域の皆さんもこのようなことが続くと心身ともに疲弊してしまうことと思います…。

気象庁の発表では今後一週間は同規模の地震発生の可能性もあると報じておりますので、東日本太平洋側地域在住の皆さんはとりわけ厳重に気をつけてくださいね。

釣りの好シーズンも続いておりますが、海にお出かけになる方々も津波避難経路を事前に確認するなど有事の際の対策を念頭に置きつつ、楽しい道中もまたくれぐれも安全に過ごされますようにー。

 

 

さて!

本日の話題です。

本格派ユーザーに向けた偏向グラスブランド「ZEAL OPTICS(ジールオプティクス)」やZEALよりももう少しカジュアル思考の姉妹ブランド「バニーウォーク」を手がけるサングラスメーカーのグレンフィールドさんが過日、来社下さいました。

大阪から宮城まで、遠路いつもありがとうございます。

私は歴代ZEAL OPTICS偏向グラスを愛用しておりますが、ざっと……キール、アデル、エスケープ、ヴェロ、アルマジロ13、ヴァンク、ヴァンクガガ、アルマダと続き、今はエンゾを愛用しています。

う~む、歴史を感じますねぇ。

皆さんは全部ご存知ですか?

釣り歴の長い方やZEAL OPTICS偏向グラス愛用歴の長い方ですと、上記にあげたヴェロ以前のモデルの名前も覚えてらっしゃる方も多いことと存じます。

 

時代時代で着用している偏向グラスは変わっていきますが、例えば!

アイナメUNDER WATER(ロケ当時、小生25歳)のDVDの時に掛けていた偏向グラスはアニマル柄のエスケープですし、近年ではヴァンクを着用していた期間が長かったのでそのイメージもまだあるかもしれません。

ヴァンクは本当に良く出来ていた偏向グラスで今でもプライベートでは個人的に愛用しているのですが、製品終了に伴いオフィシャル着用モデルはヴァンクからその意匠を受け継いだエンゾに現在は移り変わっています。

ヴァンクもエンゾもその時代のZEAL OPTICSブランドを象徴するハイエンドモデルですが、やはりいいモノはいいです。

重要なのは「掛け心地」と「見え心地」。

生身の人間の眼に装着するものですから、そこはしっかりと吟味。

偏向グラスって車の運転をされる方であれば着用することでおのずと目の疲れが軽減されますし、そういう意味では魚釣り以外でも使えます。

その点、ヴァンクやエンゾの使用感は抜群にいいし個人的にもデザインのテイストも好きです。

尚、エンゾは今年のアラスカでも大活躍してくれた偏向グラスです。

 

グレンフィールドさんやTALEXさんはロックフィッシャーでありつつもトラウト大好きな私の意見も様々な角度でいつも聞いてくれ、それを製品にフィードバックしてくれている眼鏡メーカーで小生が持つノウハウもその製品開発に生かされているのです。

のちに釣り竿のサブネームに冠した“ブラインドサイト”っていう単語も、元々はそこから生まれてきたワードなんです。魚そのものは見えなくても、魚の付いている一等地を偏向グラス越しに捉える、という意味を持つ造語です。

①

さて!

こちらは来年発売モデルの新作です。

写真のフレームカラーはガンメタですが、色のバリエーションもけっこうあります。

 

来年はZEAL OPTICSからは偏向グラス3機種が予定されていて、そのうち1機種はオーバーグラスタイプもあります。

 

2017年デビューモデルのこちらの名前は「Walz Alt」。

②

ベータチタンのブリッジがすごく特徴的です。

 

軽くて、着用感もとてもいいですね。

③

写真のこちらはAltタイプなので、フレームサイズは少し小さめのモデルになります。

 

ジャンルを問わず、本格的に釣りをするうえでは欠かせない偏向グラス。

日本では諸外国に比べ偏向グラス着用普及率はまだまだ低いのが現状ですが(太陽光の強さ、紫外線の強さの問題も日本はまだ恵まれているのかもしれません)、釣りにおける機能的要素は勿論ですが、紫外線対策・白内障対策に代表される目の健康や予期せぬ怪我から目を守る意味合いでも実はとても重要なものと認識していただけたらうれしいです。

質の高い偏向グラスを着用して釣りをするのと、偏向グラスなしで釣りをするのとでは全く見える世界が異なることを知っていただけたらなぁ、といつも思っています。

ZEAL OPTICSブランドの偏向レンズはすべてTALEXレンズ標準装備です。

 

ゴルフを嗜む方はたいてい偏向グラスをかけていると思います。

マラソン選手や愛好家もたいていは偏向グラスをかけていると思います。

トレッキングや山歩きの分野でも偏向グラスの着用は推奨されていて、趣味でやっている私も必ず着用して山を歩きます。

釣り場には淡水域でも海水域でも、水面の照り返しは付き物です。

よって、釣り好きな皆さんにも偏向グラスは「必要なもの」として、きちんとしたものをおすすめしたいところです。

 

その際、よろしければZEAL OPTICS偏向グラスを!(本格派には特におすすめ!)

お手軽派の方にはバニーウォーク偏向グラスという選択肢もいいかもしれませんね。

 

グレンフィールドさん、ご足労ありがとうございました!

 

 

11月も間もなく終わりー。

④

地震・津波に続き、首都圏でも11月では珍しい雪に見舞われるなど、全国的に自然に翻弄されている霜月の末。

いかなるときも身を守る安全意識をもって、季節柄体調崩さぬようご自愛してお出かけくださいね。

 

 

~~~★プロズワンからのお知らせ★~~~

通信販売品のご案内

■ロッド:ロックフィッシュロッド

通信販売限定! 4軸カーボン搭載のファクトリーチューンドモデルスピニングロッド「ロックトランジットRTS-902MH GRAND LIMITED」

ご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/rocktransit.html

 

■ルアー:メタルジグ

通信販売限定! ただ巻きジグ「ブルーオリオン」通販限定ヒラメスペシャルカラー!

♯13 ヒラメゴールド

♯14 ヒラメピンクキャンディー

ご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/blue_orion.html