ロックフィッシャー佐藤文紀

ロックフィッシャー
佐藤文紀
(さとうふみのり)
元祖・根魚ハンターとして、数々のIGFA世界記録及びJGFA日本記録を有し、「根魚釣りの専門家」として東北〜北海道を拠点に全国各地の根魚を追い続ける。
又、フラットフィッシュや大型トラウトの釣りにも造詣が深い。
2011年、自らがプロデュースするブランド、PRO’S ONEを立ち上げた。
NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)評議員

キャッチアンドリリースのお願い

豊かな自然とグッドコンディションの魚を守るため、必要以上のキープは慎み、又、産卵前の個体やこれから大きく成長していく若魚は、ぜひともリリースを心掛けましょう。
釣り場環境への負担を最小限に抑えることで、次世代に渡り末永く楽しめることを願って―。

ロックトランジットRTC-702H“ヘビーライト”でのナマズの釣果情報

青森県の桑田さんよりロックトランジットRTC-702H“ヘビーライト”でのナマズの釣果情報をお寄せいただきました。

 

①

「この日は1年ぶりのナマズ釣りという事もあり、釣行をとても楽しみにしていました。

ロックトランジットRTC-702Hヘビーライトを持って、午後からの釣りスタートでポイントをランガン。

良さそうなポイントをしばらくトップウォータープラグで流すが反応はなく、ナマズのレンジが少し深い感じ。

辺りも薄暗くなり、ナマズが活発になり始める時間帯に突入しました。

 

次にやって来た場所は、ナマズが身を隠すのに好む草が多い場所。

トップウォータープラグで打ち進んで行くと、草+流れ込みがあるポイントを発見し慎重にキャスト。ルアーが綺麗にピンポイントの中に入り、手前に巻いてくると「ガボッッ!!」といきなりのバイト!

②

1年ぶりのナマズに感動し、思わず手が震えました。

興奮が収まり、思う事は、「次は60upが釣りたい!」ということです。

釣り人とは欲深いものですね…()

 

しかし、その思いはすぐに現実のものとなりました。

1匹目と同様のポイントを見つけ、期待を込めてキャスト。

数秒待ってからスローリトリーブ。

反応がなく、ピックアップしようとすると…またしても「バッコ~ンッ」とバイト炸裂!

バラシてなるものか!!とブチ抜き、サイズを計るとジャスト60cmのプリスポーン!

③

ヨッシャー!

有言実行!!

1匹目の釣果を踏まえて少し斜めからキャストをし、ストライクゾーンを増やしたのが功を奏したと思います。

この渾身の1匹に出会えたのはヘビーライトのお陰だと思います。

太いラインを使用していてもガイドに干渉しない糸絡みのなさ、突然のバイトにも対応するしなやかなティップと乗りの良さに加え、隙間の狭いピンスポットに低弾道でビシバシとテクニカルキャストが決まる精度の高さ。

それでいて、60upのナマズも豪快にブチ抜ける安心感。

④

プロズワンのロッドは、釣りをしていて本当「楽しいと思える竿」ですね。

オシャレで高級感ある洗練されたデザイン性もお気に入りです。

こんな素晴らしい1日を過ごさせてくれた、ナマズやロックトランジットに感謝です。」

 

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

春先から本格的に釣れはじめること、例年6月くらいまでナマズは産卵期とも重なり、活発にエサを追う季節。

トップウォータールアーに猛然と襲いかかる迫力は、それは凄まじいものですよね。

身近な大物、ナマズ。

今後も素晴らしき釣果に恵まれますことお祈りしております。

ロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”グランドリミテッドでのマゴチ釣果情報

宮城県の横江さんよりロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”グランドリミテッドでのマゴチ釣果情報をお寄せいただきました。

 

①

「朝の短時間ですが、マゴチ狙いのフラットフィッシュゲームにサーフに行って来ました。

釣り人は多かったものの周りのアングラーはマゴチのスレ掛かりが多い中で、このコチはしっかりブルーオリオンにバイトしてくれました。

納得の一匹でしたので写真に収めました。

多少風がありましたが、ロックトランジットロングスピンキャスター90グランドリミテッドのキャスト時の抜けの良さと、ブルーオリオンの飛距離を生かし80メートル程のキャスト、ただ巻きでの釣果です。

現在、ロックトランジットシリーズのヘビーライト、ロングスピンキャスター90グランドリミテッド、ロングベイトキャスター92を用途別に愛用していますが、さらに飛ばせられるロングスピンキャスター96が欲しい…と思っています。」

 

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

全国的にマゴチ釣りの最盛期に突入し、ショア・オフショア共に各地で盛り上がっています。

地域やタイミングによっても、捕食する餌が変化することで多様性のあるルアーセレクトが問われるマゴチ釣り。

今後も素晴らしき釣果に恵まれますことお祈りしております。

ユーザー登録にRTS-962Hを追加致しました

★プロズワンからのお知らせ★

 

ユーザー登録の項目にロックトランジットRTS-962H“ロングスピンキャスター96”を追加致しました。

https://z110.secure.ne.jp/~z110031/userregist.html

 

オーナーばり50周年記念の祝酒と桜鱒。

先日、オーナーばりさんからいただきました!

①

オーナーばり特別仕様の演出がなんとも素敵。

 

オーナーばり、祝50周年記念。

ちょうど来月で記念すべき「50年目」を迎えられます。

50年間も釣り針を作っている歴史ある会社さんなのです!

 

私とオーナーばりとの出会いは、私が小学生だった頃。

愛用していた「アイナメ針」と「うなぎ針」がオーナーばり製だったのが、今でもなつかしい記憶です。

うなぎ針は夜の投げ釣りで狙うアナゴ釣り用として使っていたのですが、いろいろな針を試した中でこれが一番しっくりきたもので、以後アナゴの投げ釣りでは欠かせませんでした。

 

一方、ルアー釣りを楽しまれている方々には、『カルティバ』のブランド名でもオーナーばりはお馴染み。

②

魚との一番最初の接点はフック、つまりは「釣り針」です。

単刀直入、魚が掛かるも、掛からないも、針の性能ひとつに左右されるもの。

オーナーばりさんは職人気質(かたぎ)の会社で、針先「命」、一切の妥協を許さない伝統の職人技が今日も光ります。

 

私の方は先週のサクラマスも、今週のサクラマスも、オーナーばり製フックの賜物。

③

オーナーばり/OH丸せいご20号・天国針仕様

 

④

カルティバ/スティンガートリプルエクストラSTX-45 ♯8

 

この1週間だけでも2尾のサクラマスと出会えたのもオーナーばりが作っている釣り針のおかげでもあるんです。

ここぞ、という千載一遇のときこそ「釣り針」に化せられた命題が生きる瞬間です。

 

これからも高品質な釣り針の製造をよろしくお願いします!

 

パーフェクション・イン・フックス、オーナー!

⑤

⑥

向暑の候、50周年を迎えるオーナーばりと桜鱒に乾杯!

自然の神様とヤマメが結んだ桜の掟。

岩手県から宮城県へと縦断する東北随一の大河は、弓弭の泉(ゆはずのいずみ)を水源を持ち、太平洋に注ぐまでにおおよそ250kmの流れ。

⑤

新緑に覆われたラグーンを掻き分けること、目に入るその清流は河口から200km以上先の本流の中流域。

カワセミが紺碧の羽を休める瀬の音に耳をすまし、静寂に埋もれるわずかな動きを察する。

⑥

北国の初夏、一貫する冷涼な流れ。

この早い瀬の連なりが、今回の舞台だ。

 

 

『川歩きを楽しむ本』として人気のRIVER-WALK誌の取材に行ってきました。

そうそう!あの釣りクマが目印のあの本です!

現在Vol.1 Vol.2の2冊が絶賛発売中で、今回の取材は第3号、Vol.3の取材でした。

 

「釣れない確率は9割で、釣れる確率は1割でしょうか。」

本流の初夏の清流サクラマスー。

恐れ多くも編集長ご本人を目の前にして、事(取材)の前に言い放つ。

たった1割の可能性に、己の釣りをすべてを出し切るという信頼を込めての約束の意味の言葉だ。

サクラマスを追い続けること25年、根魚釣り同様の熱量でこの釣りもまたサクラマスの海とサクラマスの川で積み重ねた修練を、いっそのことぶつけてみようという前向きな考え。

 

 

重ねるようだが、情熱はいつも報われない。

これでもか、というくらい打ちのめされるかもしれない。

が、これぐらいの覚悟なくして、かの存在の前に立てやしないというのも私は知っている。

サクラマスとはそんな魚だ。

釣技以前に、志あくまでも高く。

いつもそこに釣竿ひとつで向き合う「魚との関係性」に醍醐味を感じているから、長く釣りを続けられてこられた。

 

2018年6月。

⑥ー2

その時はやってきた。

太く、力のある瀬に閃光が走る。

 

 

絶対に君を離すものか。

一本の釣り糸で結ばれたこの運命、俺は必ず引き寄せてみせる。

 

 

 

 

その大きな銀影は、瞳の中を泳いでいた。

⑦

炸裂する歓喜は心の中、あくまでも冷静を装う。

その化粧は、淡い桜色と緑色の彩りがシルバーメタリックの下に秋を待っていた。

憧れ、恋焦がれた貴女の目前。

今だけは特別に、かっこつけさせておくれ。

 

 

 

考えてもみてほしい。

少し前までオホーツク海を泳いでいた魚が、水無月の冒頭にはみちのくの清流にたどり着いているという摩訶不思議を。

北海道沖を通り、青森県沖を通り、岩手県沖を通り、宮城県沖から故郷の川の匂いを嗅ぎ付け河口から川に入り遡上。

そしてまた岩手県内陸部に位置する上流にまでUの字を描くように折り返して突き進んでいく、というこの現実を。

生まれた場所はこれから先の未来、終焉の地にもなるこの魚の生き方に貴方は何を想い重ねようものか。

 

 

 

遥か昔、山に棲むヤマメは選択肢を委ねられた。

サクラマスとなった者には故郷に居残った者以上に大きく育つ資質が授けられた。

それはそれは、眩いほどの美しさで。

圧倒的な存在感を示す姿へ変貌を遂げることが許されたのだ。

 

ときはめぐりー。

わずか25年前、少年だった俺はそんな君に憧れの気持ちを抱いてしまったんだ。

 

 

 

しかし、運命とは過酷なもの。

サクラマスへの昇華と引き換えに命の短縮という宿命も、ヤマメは背負わなければならなかった。

古(いにしえ)の神は例外を許さなかった。

それが遥か昔、【自然の神様とヤマメが結んだ桜の掟(おきて)】なのだ。

 

あまりにも高貴で、あまりにも切ないその物語に、私はただただ傍観者(ぼうかんしゃ)としてしか関わることができない。

だから、せめて書き手としてサクラマスという魚の「命の使い方」の切実さをしかと伝えたいという衝動に駆られ、釣りを通した形でサクラマスのことをよく知らない釣り愛好家達にも、豊かなイメージを膨らませてもらえるよう写真で毎年、大切に紹介しているのはそのため。

 

 

今日もまたあなたの近くの海や川でサクラマスたちは生きている。

残された時間には限りがある。

酷な話、余命とも表現できるそれは散り際の美しさを、婚姻色という桜色で体現する。

「桜の咲く時期に故郷の川に帰ってくる鱒」という前向きな意味の影には、桜色の婚姻色という“死に化粧”を纏う鱒という極限までの切なさが私の心をどこまでも駆り立ててならない。

日照りの渇水や雨の濁流に巻き込まれ、それでも今日もまた上流を目指して泳いでいく桜鱒たちがここに存在しているというこの奇跡を、皆さんにもっと知っていただけたら純粋にうれしいな、とー。

⑧

道の奥=みちのくを貫く早瀬で迎えた旅の始まりと終わり。

川歩きを楽しむ本「RIVER-WALK」誌が2015年から追い続けた北の上の物語。

 

弓弭の泉(ゆはずのいずみ)から流れ出た雫はやがて大きな流れとなり、太平洋を目指す。

それが奥州・岩手県は北上川。

完結の地で出会った水の旅人の貴女。

⑨

⑩

貴女の名は……サクラマス!!