ロックフィッシャー佐藤文紀

ロックフィッシャー
佐藤文紀
(さとうふみのり)
元祖・根魚ハンターとして、数々のIGFA世界記録及びJGFA日本記録を有し、「根魚釣りの専門家」として東北〜北海道を拠点に全国各地の根魚を追い続ける。
又、フラットフィッシュや大型トラウトの釣りにも造詣が深い。
2011年、自らがプロデュースするブランド、PRO’S ONEを立ち上げた。
NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)評議員

キャッチアンドリリースのお願い

豊かな自然とグッドコンディションの魚を守るため、必要以上のキープは慎み、又、産卵前の個体やこれから大きく成長していく若魚は、ぜひともリリースを心掛けましょう。
釣り場環境への負担を最小限に抑えることで、次世代に渡り末永く楽しめることを願って―。

夏の都心と、蝶とんぼ羽ばたく文月の大空。~渓流から湿地まで釣り巡り~

週末の東北新幹線JR東京駅を下車すると、熱気がムンムン。

重いビジネスバッグを持ち、歩いているだけで汗だくになります。

①

さぁ、真夏のはじまりですね。

 

季節は7月、文月。

私の最も好きな季節の到来です。

 

一年で一番パワーが出ます。

 

水無月である先月は、数多く予定していたロックフィッシュ釣行が軒並みに中止に…。

梅雨の低気圧による荒天、台風、大雨、豪雨後の激濁り、ウネリ高…。

磯も、ボートも、堤防も、根魚を狙った釣行はほとんどがお預けになる事態。

 

その反面、充実したのは海ほど天候に左右されにくい内水面。

行く先々でのフレッシュウォーターの釣り、でした。

根はただの生き物好き・魚好きな性分なので、釣りをする場所が海水であろうが真水であろうが本来は関係なし。オフィシャルかプライベートかだけの違いです。

この際だと思って、童心に返って無我夢中で魚を追いかけた6月でした。

 

プライベート釣行が充実すると、オフィシャル釣行にも取り組みの意欲がますます湧いてくるもの。

②

③

④

⑤

⑥

渓流から湿地帯まで、それぞれの主のようなスペシャルな存在に出会えてうれしいものでした。

あとは秋になったら、ヘラ釣り(へらぶな釣り)ですかね~。

 

 

太公望の世界では多くの河川で鮎釣りが解禁にもなる七月。

この風情、大好きです。

 

6月も中旬に差し掛かると、ギンヤンマやナツアカネ加えチョウトンボ(蝶とんぼ)の姿も度々、目にするようになりました。

そんなときは釣り竿はそっと置いて、カメラでじっと撮らせてくれる瞬間を待ち構えるのが最近は楽しい(年齢か!?)。

たいそうな望遠レンズではないため、私自身が被写体に近づく必要があります。

たいていのトンボはそれで逃げてしまいます。

⑦

だから、こういう写真は虫が私の存在を許してくれたときだけ、その一瞬だけ撮れる写真です。

 

 

 

さて、今月も一歩ずつ確実に歩みを進めていきます。

⑧

ズン、ズン、ズン。

 

水辺で過ごす、夏の日を。

盛夏ー。

皆さんも良い夏をお過ごしください。

風の向こうにあなたを感じた日。

①

ザッ、ザッ、ザッ、ザッ。

葉緑の絨毯(じゅうたん)の優しい感触が伝わる。

休日は昼下がりの午後、釣り竿片手に風を掻き分けて歩く気持ち良さを感じていたー。

 

 

 

 

「風の向こうにあなたを感じた日」。

 

 

 

 

サクラマス

大海から母川へと帰還を果たした桜鱒(さくらます)と同じ流れで育った仲間は、実にバラエティーに富む。

a

本流から支流に入り、さらに小水路にわけいること、人類が築いた文明の要塞をくぐり抜けたその先の小宇宙こそ、今回の物語の舞台。

 b

 

 

魚へんに念と書いて、読みは『鯰』(なまず)。

ナマズ

古来、この国には鯰に関する歴史や言い伝えが存在する。

そんなミステリーフィッシュであるキミもまた私にとっては、偉大なるスターなんだ。

 

 

今日は冒険だ!

輝かしい水面は清々しいまでの夏色を映し出している。

c

ナマズ探しの釣り旅は、いつの時代も大冒険になる。

一歩踏み出せば、永遠の少年が釣り竿をブンブンと振り回しているわけだから、はたから見ればおかしくもある。

 

 

 

それにしても、だ。

水無月の午後の水辺は、生き物たちの躍動感に溢れていた。

②

③

④

⑤

⑥

ちょっと気になる蛇の視線。

その視線の先に、何を見ているのだろうか。

 

豪邸を背負う蓑虫(みのむし)。

ノシノシと大迫力でレンズに迫るゾウムシ。

俺と撮ってくれ、と言わんばかりにポーズをとるアマガエル(両手に注目!)。

日なたぼっこ中のアメリカザリガニ。

未来?を見つめるアオダイショウ。

 

生き物との適切な関わり方を知ってさえいれば、相手にも安心は伝わる、というのもの。

自分より小さな相手にだって、敬意は必要なのだ。

生き物と人間のしかるべき距離を保ち、許してくれるギリギリまで挑戦してシャッターを切る行為が最近はめっきり楽しくなった。

カメラひとつでゾウムシは宇宙から来たエイリアンにもなるし、アマガエルはまるで知っているあの人のようにも擬人化して見えてくるから滑稽である。

身近な自然に目を向けることで、人生はこんなにも鮮やかさを増すことを長きに渡る釣り経験から学んできた。

 

ポコ、ポコ、ポコ………。

お気に入りのルアーが気持ち良さそうに凪いだ水面を走る。

⑦

ドォッパァーン!!

静寂を守る水面に、突然爆発が巻き起こった!

 

ぬん!!

⑧

待ってた、よ。

キミは、この小宇宙の主だもんね!

 

出逢えた充実感。

桜鱒同様、私の大切な友人である鯰(なまず)。

そして偉大なるスター!

 

 

 

夕方が迫ってきた。

どうやら、かなり遠くまで歩いて来てしまったようだ。

進んできた道を引き返すか、あるいはもう少しだけ…この先のまだ見ぬ水域まで進むのか、ふと立ち止まって風にその先の未来を仰いだとき、なつかしい声が聞こえてきた。

 

 

さ、帰りすぺ。

 

「えっ!?」

 

誰もいないはずの一人の空間、私はびっくりして思わず声をあげてしまったのだ。

それもそのはず。

 

確かにこの耳で聞いた声は今は亡き我が師。

二年ぶりに聞いたその声は、そよ風が黄泉(よみ)から運んだ幻聴だったのかもしれない。

 

けれど、私には確かに聞こえたのだ。

33年間も慣れ親しんだ声だもの、しかとー。

 

ふいをつかれたなつかしい声に、偏向グラスの奥の瞳からは一滴の雫が流れ落ちた。

 

じいさん、一緒に来てくれていたんだね。

その昔、祖父に連れられて歩いたこのなつかしい道を私は歩いていたー。

⑨

んだね!

一緒に、帰りすぺ。

 

 

 

世の中って、不思議なことがあるものなんですね。

先月末に三回忌の法要を終えた祖父のなつかしい声が、空の上から吹き降ろしてきた風に乗って私の耳元まで運んできてくれたようなんです。

 

人様に説明する際には、幻聴という例えでしかできないけれど、私にはそれは幻聴ではないことは確かに分かった、不思議体験。

心あたたまる懐かしい思い出が蘇るものでした。

鯰が暮らす水辺は例えようのない異世界との境界線でもある…ような気もしています。

先日体験した実話を、本日は物語風に綴ってみました。

ロックトランジットRTC-922EXH“ロングベイトキャスター92”でのシーバス釣果情報

宮城県の竹花さんよりロックトランジットRTC-922EXH“ロングベイトキャスター92”でのシーバス釣果情報をお寄せいただきました。

 

①

「新規に購入したロックトランジットRTC-922EXHロングベイトキャスター92で2度目の釣行に行って来た報告をさせてもらいます!

今回は天気等の状況があまりよくない中での釣行になったのですが、ロングベイトキャスター92はしっかりと仕事をしてくれました!

始めは磯ロックでのアイナメ・ベッコウゾイ狙いで釣りをしていたのですが、状況が悪くロックフィッシュの反応がイマイチでした。

磯の雰囲気的には磯マルが出そうな感じだったので、テキサスリグからシーバスプラグに結び替えて、数投のキャストで早々に力強いバイトが!

磯マルだと確信してファイトをしましたが、ロングベイトキャスター92の力強さで不安無く確実に寄せることが出来ました。 キャッチ出来た初の磯マルは、74センチでした!

②

ロックフィッシュだけではなく、磯マルもしっかりと狙って獲れるロングベイトキャスター92を使ってこれからも安全に沢山の魚を釣っていきたいと思います!

次は本命のロックフィッシュで釣果報告出来るように頑張ります!」

 

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

ロックトランジットシリーズは今後のロックフィッシュゲームの未来を見据え、ソフトルアーだけなくなくハードルアーの領域まで扱えるように設計した「乗せ動作」と「掛け動作」両方を可能とするブランクで、その過程でプラグを扱った局面にも追従できるシステムロッドシリーズでお届けしております。

堂々たる風格の見事な磯シーバス。

今後も素晴らしき釣果に恵まれますことお祈りしております。

ロックトランジットRTC-702H“ヘビーライト”でのアイナメの釣果情報

宮城県のテツさんよりロックトランジットRTC-702H“ヘビーライト”でのアイナメの釣果情報をお寄せいただきました。

 

①

6月のボートロックに息子と行きプロズワンタックルで楽しんできました!」

この日は台風接近中で狙いのポイントに入れないかと思いつつも釣り開始!・・・

②

少しすると、自分に良いバイトがあり途中からの強烈な突っ込みでドラグも出て焦りましたが、ロックトランジットRTC-702ヘビーライトの粘り強さで耐え抜き、本日1本目のアイナメがこの日最大の52cm

③

ルアーは、自分の少在庫の希少品ガルプSWダブルウェーブ3

④

そのあと良型も結構釣れて、息子も2桁ほどロックフィッシュも釣れ、その中でも40upのクロソイ&ずーっと釣りたいと言ってた初ベッコウゾイのダブルキャッチで満面の様子!

親子で満足の釣りができました!

また息子とプロズワンタックルを駆使して釣りに行きたいと思います!」

 

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

日頃から親子でロックフィッシュゲームを楽しんでおられるご様子、今回もご投稿ありがとうございます。

まるでソイを思わせる体高のアイナメに、息子さんもクロソイとベッコウゾイのソイのダブルキャッチ、おめでとうございます!

今後も素晴らしき釣果に恵まれますことお祈りしております。

ロックトランジットRTS-962H“ロングスピンキャスター96”でのアイナメ釣果情報

岩手県の荒木さんよりロックトランジットRTS-962H“ロングスピンキャスター96”でのアイナメ釣果情報をお寄せいただきました。

 

 

「待ち望んでいたロックトランジットRTS-962Hロングスピンキャスター96をようやく手に入れることができたので、今期初の磯ロックへアイナメ狙いに行ってきました。

タックルをセットして一投目。

衝撃が走る驚愕の飛距離に投げてすぐに圧巻されてしまいました。

 

リグが着底してすぐにヒット!!

遥か彼方の着水点。

誰も届かないような遠くまでワームが届くので魚がすぐに口を使ってくれました!

 

ニューロッドの、しかも一投目で釣れて幸せを感じました。

 

そして遠投でブレイクを攻め続けると良型アイナメの金属的バイト!!

アワセを決めて遠投先から40アップのアイナメをゴリゴリと非常に楽に巻いてこれる。

①

これがスピニングロッドのパワーなのか…と、またしても驚きを隠せませんでした。

短時間の釣行でしたが、40アップを頭にアイナメ10本ほど集中的にキャッチできました。

 

30センチに達しない小型アイナメでも遥か先の遠投先からもアタリが明確にわかり、フッキングも効くロッド。

ロングスピンキャスター90との使い分けで、オカッパリからでも釣果アップに繋がるロッドですね。

今後もロングスピンキャスター96は活躍すること間違いなし!!と思える楽しい釣行になりました。」

 

 

 

素晴らしい釣果おめでとうございました。

竿の長さと調子の使い分けで、必要な飛距離に応じて選べるシステムを全国の海どこでも使える利便性をロックトランジットシリーズでは構築してまいりました。

新発売「ロングスピンキャスター96」は現在、シリーズ最長にして最大の飛距離を誇るスペックでお届けしております。

今後も素晴らしき釣果に恵まれますことお祈りしております。