ロックフィッシャー佐藤文紀

ロックフィッシャー
佐藤文紀
(さとうふみのり)
元祖・根魚ハンターとして、数々のIGFA世界記録及びJGFA日本記録を有し、「根魚釣りの専門家」として東北〜北海道を拠点に全国各地の根魚を追い続ける。
又、フラットフィッシュや大型トラウトの釣りにも造詣が深い。
2011年、自らがプロデュースするブランド、PRO’S ONEを立ち上げた。
NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)評議員

キャッチアンドリリースのお願い

豊かな自然とグッドコンディションの魚を守るため、必要以上のキープは慎み、又、産卵前の個体やこれから大きく成長していく若魚は、ぜひともリリースを心掛けましょう。
釣り場環境への負担を最小限に抑えることで、次世代に渡り末永く楽しめることを願って―。

「ロックフィッシュショアマガジンVol.2」発売

★プロズワンからのお知らせ★

雑誌ソルト&ストリーム別冊「ロックフィッシュショアマガジンVol.2」(メディアボーイ)が発売されました。

 

■超実戦的 ロックフィッシュのハードルアー攻略 佐藤文紀

●Minnow Game

●Vibration&Metal Vibration

●Tail-spin Jig

●Spinner Bait&Jig Spinner

 

 

ぜひ、ご覧くださいませ。

もしも、こんなマダイが釣れたなら…

もしも、こんなマダイが釣れたなら…

①

うれしいです!

 

“ショアレッド”こと、岸から釣るマダイ。

写真は磯からのルアー釣り、ロングスピン釣法にて4.2インチのシャッドテールワームのブレードジグヘッドスイミングでキャッチした1尾。

 

ですが、こんなマダイとてオオモンハタ狙いの最中の外道ヒットになってしまうのですから、昨今のロックフィッシュゲームは進んだものです。

 

予期せぬ大物外道が掛かっても“獲れるタックル”というのも、「今の時代」のロックフィッシュゲームに求められる条件になってきました。

基本、テキサスリグが主軸にならないオオモンハタ狙いではロックフィッシュゲームとは言っても、うれしいゲストとしてマダイやヒラスズキ、シーバス、青物、ヒラアジ類、フエダイ類なども可能性が考えられます。

このことは、ジグヘッドリグとテキサスリグの水中でのスイミング姿勢が違うことで、釣れる魚のバリエーションまで変わることを一番に物語っています。

こういったうれしいゲストですが、場合によってはオオモンハタ以上の巨大魚たちが相手になることも多々。

それを踏まえ、ロックトランジットシリーズはフィールドで遭遇するかもしれない“万が一”のことも見据えて開発されてきました。

柔軟に曲がってターゲットをいなしてバラシを防ぎつつ、パワーは「強靭」という作りです。

 

 

このマダイを手にした釣り場は鹿児島県薩摩半島。

②

現在発売中の雑誌、ソルトウォーター2017年10月号「考えるロックフィッシュゲーム」ロケ中のひとコマです。

 

あれ!?

この展開は…。

昨年の同誌のロケ時にも同じ展開がありました。

ソルトウォーター2016年9月号掲載、「考えるロックフィッシュゲーム」のときです。

そのときは愛媛県日振島でのことでしたが、マダイの他にヒラスズキもジグヘッドリグのスイミングで釣れました。

 

マダイとオオモンハタは共通事項が多い気がしています。

西日本の磯では水面から、泳いでいるマダイが小魚の群れに突っ込んでいく姿が偏向グラス越しにたびたび目撃されることがありますが、仮にそんな場合、そこがオオモンハタの生息域と重なってなっていれば…その周囲にオオモンハタもいる可能性は高いと思うんです。

③

マダイが小魚を目掛けて捕食スイッチが入っているときって、海の中の様子が“ちょっと特別な”活性化にある状態だと私は認識しています。

その日の釣りで、もしかすると最大の山場が訪れる可能性が「今ある!」とー。

事実、今回のオオモンハタもそんなタイミングで掴んだチャンスでした。

 

ひとたび掛かれば、強烈なパワーで磯際のきわどいところを突っ走るマダイですが、ドラグが作動し、ラインがズルズルと出っぱなし状態で魚にいいようにされたまま耐えているだけではラインブレイクの確率が非常に高し。

かなりの確率でやられてしまう恐れがあります。

根ズレの確率が飛躍的に上がる磯からの釣りでは、船で楽しむ「ひとつテンヤマダイ」のようにライトタックルではどうしても難しい局面があります。

 

釣れる魚の種類や大きさは変わらなくても、釣りをする環境によって釣り道具は使い分けが迫られます。

●時には強引にリールを巻き続けてマダイの頭をとにかくこっち(自分側)にいち早く向けさせる工夫。

●沖目で魚を浮かせてしまって空気を早く吸わせることで手前まで寄せてきたときには魚がソフトランディングできる態勢にまでファイト中に持っていくこと。

 

ショアマダイをラインブレイクせずに獲るには、こういったことに心がけています。

相手が強烈に引いていても、ファイトだけに夢中にならずその後のランディングまでどう運ぶかをその場その瞬間ごとに魚の動きに併せて考えていなかくてはならないのです。

でも、実際、その場を同時進行でやり繰りするのは熟練の手馴れた人ならともかく、釣りの経験が浅いととても難しいものです。

 

そのために必要なロッドにできること、求められるロッドの特性とは何かー。

ロックトランジットはロックフィッシュロッドですが、釣り場での万が一まで考え、想定され、製作に至っています。

仮に根魚じゃない相手でも+αの大物がせっかく掛かったのなら、その釣り人が持つ個々の技術力に関係なくとも、道具として機能する釣り竿としての懐の深さはほしいと考えました。

道具はそのサポートをするのが最大の役目なのです。

そのため、少しでもそのランディング率をあげたい、という釣り人の根底にある願いはプロズワンプロダクトも皆さんと願い同じくするところです。

 

ロケ時、こちらのワラサもマダイをキャッチする少し前に釣り上げたものです。

④

ブリの若魚であるワラサ(メジロ)も引きは強烈ですが、ヒラマサと違い、さほど根に向かっていかないため魚のパワーをうまくかわせば青物とはいえランディングは比較的容易な種類。

こちらのワラサは30gのテールスピンジグでナブラ撃ちしてキャッチした1尾ですが、フックは10番サイズと(ワラサに対しては)小針ながらPEライン完全対応のSTX-45(カルティバ)なので、難なく無事に獲り込むことができました。

こういった本命(この時はあくまでもオオモンハタが本命)よりも大きな魚が掛かりますと、ラインシステムが万全であるならば、その分、他のところに力がかかります。

中でも、針はその負荷が一層かかりやすい場所なので、スナップ・針・スプリットリングの強度など、針周りの細かいパーツにはくれぐれも吟味したいものですね。

⑤

夏の海を引きずる、秋の海ではこのようなシーンに遭遇することもまた多いことでしょう。

台風の進路を常に見極めながら、引き続き秋の海を楽しんでまいりましょう。

 

 

~~~★プロズワンからのお知らせ★~~~

10/7(土)イシグロ伊東店様・10/8(日)イシグロ静岡中吉田店様

佐藤文紀来店! 半日店長イベント開催!!

http://www.ishiguro-gr.com/fishing/event_information_format.php?id=1772

考えるロックフィッシュゲーム!オオモンハタ in 鹿児島県薩摩半島

現在発売中の釣り雑誌「ソルトウォーター2017年10月号」(地球丸)は、【考えるロックフィッシュゲーム】オオモンハタ編が特集されています。

①

雑誌の表紙、私の手なのですが正しくは「手元」、ですね。

そして、表紙を飾らせていただいているロッドはプロズワン/ロックトランジットRTS-902MH“ロングスピンキャスター90”です。

リールはヴァンキッシュ4000HG、ラインはシーガーPE X8の1.2号です。

 

こちらのロングスピンキャスター90、スイミングの釣りにぴったりな、ロングスピン対応ロックフィッシュロッドとして昨年に登場しました。

スイミングの釣りとは切り離せない、オオモンハタ、キジハタ、クロソイ狙いにはとりわけ使いやすい機種となっています。

又、小魚を追っているときには雑食が強いアイナメもスイミングの釣りが成立するので、そんなときもこのロッドの出番です。

 

今回の「考えるRFG」、取り組むはロングスピンでのスイミング!

オオモンハタ狙いで鹿児島県薩摩半島へ。

 

中層スイミングの釣り。

リールのハンドルを巻き続けること…接触物が何もないところで突然「ドン!」とやってくる突然のアタリ。

釣れてくるのはこんなオオモンハタですから、凄い。

②

スイミングの釣りではリグのバランス的にテキサスリグよりもジグヘッドが使いやすいですね。

フィッシュイーターであるオオモンハタには、シャッドテール、カーリーテール、グラブなど小魚をイメージできる形状のワームが相性◎。

③

従来型ロックフィッシュゲームの流れとはちょっと異なる、シーバス釣りさながらのような“リールを巻き続けて釣るロックフィッシュゲーム”。

ひとたびアワセを入れれば、強烈なランが待っています。

さすがハタ特有の引きの強さです。

④

オオモンハタの場合、ストライクゾーンが縦レンジではなく、横レンジに広がっているゆえボトムコンタクト系の釣りとは異なるタイプのアタリの出方です。

それまで専門的に狙われるケースが少なかったことで釣り方も今ひとつ分からなかったこのハタの特性が浮き彫りになりつつある現在。

 

注目度急上昇中のオオモンハタ。

ぜひ皆さんも狙ってみてください!

 

~~~★プロズワンからのお知らせ★~~~

10/7(土)イシグロ伊東店様・10/8(日)イシグロ静岡中吉田店様

佐藤文紀来店! 半日店長イベント開催!!

http://www.ishiguro-gr.com/fishing/event_information_format.php?id=1772

雑誌「SALT WATER 2017年 10月号」発売

★プロズワンからのお知らせ★

8月21日(月)、雑誌「SALT WATER 2017年 10月号」(地球丸)が発売されました。

 

■特別企画「考えるロックフィッシュゲーム」 佐藤文紀

オオモンハタ、再び!

 

 

ぜひ、ご覧くださいませ。

ニッポンの夏、ロックな夏。~考えるRFG・オオモンハタ、再び!~

日によって高温まで上昇する西と、8月は冷夏に見舞われている東。

列島を二分する天気の相違は、それぞれの気圧配置が影響と連日報じていますね。

 

それにしても関東より北の地域、この夏はとにかく涼しい。

涼しいを通り越して…半袖Tシャツでは寒い日も。

 

この8月は天気予報を見ていると東日本の広い範囲が湿っぽい曇天・雨天の日がほとんどなので、盛夏とは思えない雨の多さも今後に気になるところ。

①

今週はお盆休みも終わり、週の後半からお仕事復帰された方が多いことと存じます。

反面、これからお盆休暇の方はぜひ有意義なお休みにしてくださいね。

 

天気は相変わらず不順続きですが、気持ちだけは盛夏を謳歌したいもの。

 

心躍る季節は人それぞれですが、私の場合には「夏」が一番好きです。

 

北国にいながら冬の寒さは相変わらず苦手ですが、暑いのは苦にならないので日焼けと熱中症に十二分に気をつけていれば身体的には平気なんです。

 

な~んと色あざやかなのでしょう。

②

黒潮の申し子・シイラが悠々と群れる夏の穏やかな海。

いいなぁ、こういう景色。

 

写真は鹿児島県久志の海です。

③

愛くるしいウミガメも顔をのぞかせます。

 

ハタは、そんな場で一緒に楽しめるロックフィッシュゲーム。

 

元々、高水温を好むロックフィッシュであるハタには“夏枯れ”という言葉は無縁。

 

釣りの対象魚となっている根魚の中では最もその種類が多く、総じて色も人目を引く独特の美しさを有しています。

 

手ごたえ、つまり引き味も同寸のアイナメ・ソイを凌ぐため、ハタは今後も多くの釣り愛好家をその有り余る魅力を持ってして引きつけるものでしょう。

 

ハタを釣ったことのない方であれば、例え30cmのハタでも「こんなに引くのっ!?」ってびっくりしてしまうかもしれませんね。

そのぐらい引きは強い魚です。

 

 

④

ボトムから引き離すまで馬力を振り絞るアカハタ。

和装のテイストをかもし出す、黒潮に浮き上がる真紅の品位。

目元を彩る、ブルーのアイラインもすてき。

 

 

⑤

フッキング直後にいきなり突っ走るオオモンハタ。

根魚なのに回遊魚。

ヒョウ柄が印象的な根魚界のアウトローは、黒潮を泳ぐ生粋の狩人。

 

 

⑥

足元まで寄せた最後の最後にも冷や冷やのファイナルランがあるキジハタ。

ハッと目を引く緑色の目とオレンジの斑点。

言わずと知れた釣り人憧れのステータス。

 

そのどれもが魅力的ですが、いずれも過分に釣れるほど爆釣することは稀で、一日を通して“ほどほどに釣れる点”(もしくは全然釣れなかったりもする)も、魚釣りを人生長くやるのに飽きさせないところだと思いますし、ロックフィッシュゲームでありながらもベイトタックルが思いのほか役に立たず…ということ場面もシーンによってはしばしば。

反面、ロングスピン釣法によるスピニングタックルが圧倒的効果を示したことで、今度はロックフィッシュゲームにおいても「長尺スピニングロッド」と「スピニングリール」、「PEライン」のカテゴリーがにぎわいを見せるようになりました。

 

種族の中ではボトムに固執せず、中層まで平気で追い上げてくる種類のハタもいることで、釣り方のバリエーションの広さという部分も広義でのハタ釣りの魅力です。

 

ボトムをテキサスリグでコツコツ叩くのは手馴れた釣り方ですが、接触する障害物が何も存在しない中層のただ巻き中に「ガツン!」とリールのハンドルが止まるような、ひったくるアタリを出すハタのアグレッシブさには私とてやみつきです。

 

それはまるでサクラマスがヒットしたときの感覚!

 

ジグヘッドのスイミングとか、テールスピンジグの釣りは特にそうですね。

 

こういうアタリを出すのはキジハタやオオモンハタが多いです。

 

最近ではハタに対してバイブレーションプラグとメタルバイブもよく釣れることが分かり、私も積極的に導入しています。

⑦

テールスピンジグを喰うならメタルバイブもいけるだろうな、と思いましてー。

それで投げたのが始まりで、実際それでハタがバイブレーションプラグもメタルバイブも喰ってきたから「やっぱり!」となったんです。

 

思い起こせば、その昔は沖縄県の石垣島や西表島のリーフ内のイシガキハタやカンモンハタ相手にサクラマス用のスプーンが一番釣れた経験があるので、ハタにはスプーンも効くのは確か。

それも着水してすぐに巻きはじめて引いている最中ですから、スプーンは完全に浮き上がって上層を通っているはずなんですね。

サンゴ礁の隙間からこれら小型種のハタが飛び出してスプーンを追い、喰ってくるんです。

なので実のところハタ釣り場に行くときにはスプーンも常時持参しているのですが、最近はロングスピン釣法の甲斐あって15mとか20mとかの深い水深を釣ることが多いので、浮き上がりやすい性質があるスプーンは今のところ出番待ちがほとんどなのですが、5m程度のシャローを引くことがあればスプーンは今後自身のロックフィッシュゲームでもまた出番が増えるかもしれません。

私のサクラマス狙いの釣りではスプーンも多用していますので、こういう釣りはきっと性分に合うと思っています。

⑧

いずれにしてもテールスピンジグを筆頭に、メタルジグ、バイブレーション、メタルバイブもハタには効きます。

南方ではヘビーシンキングミノーへのオオモンハタのヒットもたびたび聞くことがあります。

事実、こういったハードルアーたちですが「今ならワームより釣れるのでは?」と思うタイミングも場面場面であります。

 

そうなると使うルアーの種類も、ワーム縛りではなくなるので、【ロックフィッシュゲームそのものの在り方】も彩りが変化する可能性が今後秘めています。

⑨

ちなみに外国のハタであるケルプバス(キャリコバス)なんかは、この魚を専門に狙うのにジャークベイト、日本でいうミノープラグやジグヘッド内蔵式スイムベイト、ブラシガード付きジグヘッド+シャッドテールワーム、クランクベイトも現地ではよく使われています。

それもごく普通に、です。

情報が少ないこともあり当時の私はそれを知らなかったから、ワームだけで釣りを成立させたけれど、この魚を知れば知るほどさすがにテキサスリグやジグヘッドリグだけでは無理があるよなぁと思い、現地のウォルマートの釣具コーナーに行ってジグヘッド内臓式のスイムベイトを緊急購入したこともあります。

現地に赴いてこそ、初めてそのノウハウを目の当たりにできるのものです。

⑩

ケルプバスは太平洋の向こう側、北米大陸のハタで現地を代表するロックフィッシュゲーム。

釣り魚として、とても人気のある根魚(ハタ)です。

 

日本のロックフィッシュゲームは繊細なメバル釣りや雑食魚でもあるアイナメが長らくそのシーンの筆頭格であったことから、どちらかというと繊細でおとなしいタイプの根魚を相手にした釣り方・釣具が主軸に発展してきました。

メバルも、アイナメも、夜行性と昼行性の違いはあれど、どちらも愛くるしい表情を持っている根魚の仲間で、どちらかといえば普段は“ひかえめな”性格の魚。

事実、ピンテールワームのULジグヘッドの釣りや、ホッグ系ワームのテキサスリグの釣りはその典型的な例だと思うんです。

これらがハズシの少ない「定番の釣り方」になったことで、いつの間にかそれがごく「普通」の認識になってしまったから、それ以外のことをわざわざする人もおのずと減ってしまっていた時代が今度はここから長く続きました。

と、いうのがこれまでの時代の流れで、「ロングスピン釣法」の確立以前までのこの10年、15年くらいはロックフィッシュゲーム全体の本筋の進化はさほどないままでした。

その昔はバスロッドを使っていたのがロックフィッシュ専用ロッドになり、オカッパリで使うロックフィッシュロッドが年を追うごとに少しずつ長くなっていった経緯はあれど、専用ベイトタックルに、フロロカーボン、テキサスリグにホッグ系の甲殻類型ワームをセットするー。

そんな流れは変わらなかったものですから、ロックフィッシュアングラーの正装的な見た目の道具に関しても、実のところ皆、あまり変わらなかったのです。

そこに近年、日本でもハタという獰猛さを持ったフィッシュイータータイプの根魚がロックフィッシュゲームの対象魚として認知・浸透するに至った現在。

今まさに、多くの化学反応(進化)が起こっている最中なんですね。

 

世界地図や地球儀を見てみてください。

高緯度地域であるロシアやアラスカ、カナダは寒流流れる寒いところなのでソイやアイナメを狙う根魚釣りになりますが、それ以外の国々や場所で釣りが楽しめる場合にはハタを狙う根魚釣りがほとんどなので、よりアグレッシブなロックフィッシュゲームが発展してきた経緯があります。

場所によって認識って大きく変わるものであるのも、外国の根魚釣りにも視野を広げたことでつくづく実感できるようになりました。

 

さぁ、日本のロックフィッシュゲームも。

これから、どのように変わっていくのでしょうか。

 

今、国内で一番注目を集めているハタはご周知の通りキジハタですが、更に南の海に行けば……オオモンハタ以上の遊泳力があるバラハタの仲間や、更なる強烈なパワーを持つスジアラなどもルアーを横に引っ張る系アクションのルアーにアタリを出す系のハタです。

 

釣り人あるある、難しい釣りほど…人は深くハマッたりするものです(笑)。

⑪

ハタ。

初冬の便りが届くまで、引き続き楽しんでまいりましょう。

 

ハタの季節が終盤を迎えればアイナメの乗っ込み期、アイナメのシーズンが過ぎれば再びサクラマスの季節と、巡りめく季節に思いを馳せてー。

 

 

来週21日(月)発売の雑誌「ソルトウォーター」は、特別企画『考えるロックフィッシュゲーム』最新作「オオモンハタ、再び!」編です。

⑫

オオモンハタを狙い撃つロングスピン釣法のスイミング。

ひたすらリールのハンドルを回し続けて狙うは、オオモンハタ一本。

「巻きの釣り」を完全にやり切るため、何もない中層をひたすら巻いて回遊してきたオオモンハタを“考えて”獲る戦略です。

 

オオモンハタの他、アカハタも、マダイも、ワラサも、オキナヒメジも、シイラも来ました!

 

舞台は鹿児島県。

 

どうぞお楽しみに!

 

 

 

P.S.

キジハタ釣りのABCに関してはこちら(↓)でもお楽しみいただけます。

http://www.pros-one.com/blog/?m=20170808

⑬

過日、TVQ九州放送にてOAされました「ルアーパラダイス九州TV」の再編集版の動画です。

テレビをお見逃しの方はぜひこちらで。

キジハタ釣りがお好きな方はもちろん、キジハタ釣りに興味がある方にも理解を深めていただけるものと思います。