ロックフィッシャー佐藤文紀

ロックフィッシャー
佐藤文紀
(さとうふみのり)
元祖・根魚ハンターとして、数々のIGFA世界記録及びJGFA日本記録を有し、「根魚釣りの専門家」として東北〜北海道を拠点に全国各地の根魚を追い続ける。
又、フラットフィッシュや大型トラウトの釣りにも造詣が深い。
2011年、自らがプロデュースするブランド、PRO’S ONEを立ち上げた。
NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)評議員

キャッチアンドリリースのお願い

豊かな自然とグッドコンディションの魚を守るため、必要以上のキープは慎み、又、産卵前の個体やこれから大きく成長していく若魚は、ぜひともリリースを心掛けましょう。
釣り場環境への負担を最小限に抑えることで、次世代に渡り末永く楽しめることを願って―。

ロックフィッシュゲームの専門誌! ソルトウォーター別冊「ロックフィッシュマガジンvol.2」が登場しました。

今日から3月―。

早いもので、先日ウグイスの「ホーホケキョ!」というきれいな鳴き声を聞きました!

 

北国の朝はまだマイナスの気温……。

仮にこんなときに釣りをすれば……写真のようにあっという間に凍ってしまって一時的な釣り不能なることもしばしば。

氷点下で凍る、釣り竿のガイド

しかし、太陽の位置が高くなってくれば次第に現象は解消され、ふと目をやれば羽虫も動きだし、ウグイスの声も耳に入ってきたりすることがあります。

寒さは続くものの、自然界では既に春に向けて着実に動き出しているのだなぁ~と感じさせてくれるのが3月です。

 

先日も綴ったように今月くらいからは南の方から順番にキジハタの釣果も聞かれるようになっていきますね。

今年のロックフィッシュシーズンも各魚種それぞれにとても楽しみなものです。

 

そんなタイミングで、こちらの本がリリースされました!

ロックフィッシュマガジンvol.2

~美しき岩場の宝石と出会うために―。~

ロックフィッシュマガジンvol.2

この「美しき~」のキャッチ、根魚を狙って釣りあげるうえでのウィークポイントですよね。

こういうことをいつまでも楽しみに持ち続けたく、私の場合には魚釣りを長く続けています。

「この世界観、いいなぁ~」と子供の頃からずっとそう思っています。

 

 

さて!

こちらの根魚釣り専門誌は、「考えるロックフィッシュゲーム」という連載を担当させていただいている月刊誌「ソルトウォーター」(地球丸)が手がける別冊シリーズです。

ご覧の通り、vol.2となる今号はキジハタが目印。

前回(vol.1)の表紙は宮城県仙台で私が釣ったクロソイが表紙でしたが、今回の第2号は本誌取材で島根県出雲で釣ったキジハタが表紙になっています。

その取材のとき、この表紙となったキジハタを撮影していただいたマネージメントエディター・RIVER-WALK編集長も自社のブログで綴られています。

RIVER-WALKブログ【岩場の宝石】(←どうぞこちらも!)

 

つい先日まで当ブログでも瀬戸内海を舞台としたキジハタ話を綴ったタイミングでしたが、この本のリリースと相まってちょうど良い季節の話題ですね。

キジハタ(ナイト)

もともとキングオブロックフィッシュなる存在には寒冷域に生息するアイナメが古くから知られておりますが、今やロックフィッシュ界の最人気ターゲットとして認知されるようになったキジハタという温暖域に生息するパートナーを得たことで、両雄が結ぶ北と南の統一化が進んで「ロックフィッシュゲーム全体」の魅力が助長、見直しがはかられています。

そんな近年稀に見るスターフィッシュがロックフィッシュの世界から輩出されたことは純粋にとても喜ばしく思います。

 

アイナメ

個性的な造形美や色彩美を持つ根魚たちは鱒(マス)のように美しい、とても画になる魚類です。

現在の日本で「ロックフィッシュゲーム」として狙われている魚の種類の多くは大きすぎず、小さすぎずのバランスがとても頃合がよく、どの根魚もしかるべき瞬間をおさえれば写真映えもします。

1尾1尾が宝物のような存在ですから、運良く釣れた際にはどうか丁重にやさしく扱って、「今だ!」と思う一瞬の姿を写真を撮ってみてください。

ゆらゆらと生い茂る海藻に、ゴツゴツした岩場。

そんなところを棲家としている住人たちは渓魚同様、素で美しい色彩を放ちますので魚の魅力を存分に引き出して写真に収めることも釣りの醍醐味、満足のひとつです。

 

 

ロックフィッシュファン待望の一冊です。

 

よろしければご覧になってみてください~。

 

本日は新しいムックのご紹介でした。

 

 

 

~~~★プロズワンからのお知らせ★~~~

通信販売品のご案内

■ロッド:ロックフィッシュロッド

通信販売限定! 4軸カーボン搭載のファクトリーチューンドモデルスピニングロッド「ロックトランジットRTS-902MH GRAND LIMITED」

ご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/rocktransit.html

 

■ルアー:メタルジグ

通信販売限定! ただ巻きジグ「ブルーオリオン」通販限定ヒラメスペシャルカラー!

♯13 ヒラメゴールド

♯14 ヒラメピンクキャンディー

ご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/blue_orion.html

「ロックフィッシュマガジンvol.2」発売

★プロズワンからのお知らせ★

雑誌SALT WATER別冊「ロックフィッシュマガジンvol.2」(地球丸)が発売されました。

 

●ロングスピン+ロングベイトの新戦術

オーバー9フィートのロングレングスがロックフィッシュゲームを変える

精度をともなう守備範囲の拡大 佐藤文紀

 

●アイナメ、べッコウゾイ、クロソイを相手に迫力のゲームを展開

東北大型ロックに照準 メイン3魚種「習性」から考えるリグ作り

佐藤文紀

 

●スイミングで誘う!! ボトムを攻め切る!!

2017 メーカーイチオシロックフィッシュ TACKLES

 

 

 

ぜひ、ご覧くださいませ。

「SALT WATER 2017年 2月号」発売

★プロズワンからのお知らせ★

12月21日(水)、雑誌「SALT WATER 2017年 2月号」(地球丸)が発売されました。

 

■佐藤文紀「考えるロックフィッシュゲーム」

「ロングベイト」の出しどころ。

 

 

ぜひ、ご覧くださいませ。

「考えるロックフィッシュゲーム」最新作! ロックトランジットRTC-922EXHロングベイトキャスター登場編のロケに行ってきました。

過日、雑誌「SALT WATER」で担当させていただいている企画、“考えるロックフィッシュゲーム”(以下、「考えるRFG」)最新作のロケに行ってきました!

今回は北三陸、岩手県が舞台でした。

この夏に四国は愛媛県でのロングスピンロケ(なんと! マダイとヒラスズキが釣れてびっくり~!!)に続いて、冬を迎えた今回はロングベイトでの実釣編です。

 

同誌のマネージメントエディターさんも、当日のことを書いていてくださいましたぁ~。

http://river-walk.co.jp/?p=1465

 

こちらの記事も興味深いです!(↓)

http://river-walk.co.jp/?p=1500

http://river-walk.co.jp/?p=1518

 

今回の「考えるRFG」ロケでは近々量産品が完成するロックトランジットベイトキャスティングモデル、RTC-922EXH“ロングベイトキャスター92”でアイナメゲームを楽しみました。

①

写真のアイナメは、リールがメタニウムMGL XG、ラインがR18フロロリミテッド16lb、シンカーはクランクシンカーSP 1oz、クッションビーズがロックンビーズソフト、フックがツイストロック1/0、ワームがガルプSWバルキーホッグ3”で釣りあげた1尾です。

 

ロックトランジットRTC-922EXH“ロングベイトキャスター92”はフロロカーボンライン、PEライン、どちらにも対応し、ベイトロッドながらも思いっきりカッ飛ばせるパワフルな仕上がり。

頑強かつ長竿ですが、シューティンウェイSWC-802EXH“スキップラン”をそのまま延長したかのような高い操作性がロングベイトキャスター92の持ち味です。

スキップランでしか表現できない、このテイストを目指すためにはひたすら多くのトライ&エラー、時間と労力を費やしましたが、その甲斐がある竿がここに誕生したのです。

それでいて、バキバキ感が全面的に突きん出た硬過ぎるロッドですと長さも長さですので投げることが大変なことに加え、縦方向の垂直フォールの釣りにはいいのですが、いざフィールドで横展開が求められるとスイミング中のバイトやハタのアタリを弾いてしまうため、その辺も十二分に考慮してアイナメ~ハタまで幅広い根魚に対応するように設計している点も見逃せません。

ですので、この竿を必要とする場ではフィールドを選ばず、ターゲットを選ばず、国内外どこでも使える竿というところが心強く、使い手を選ばずロックフィッシュゲームの良き相棒となってくれるものと願っております。

飛距離ではロングスピンの威力には及ばないものの、ベイトタックルでも出来る限りの遠投が必要なときや、リグ操作の起点を高く取りたいような状況、足元の根を竿の長さを生かして回避したいような場所での釣りで特に活躍します。

ファットグリーンリング=日本の【アイナメ】は言うに及ばずですが、瀬戸内海の大物キジハタや、アラスカでのロックグリーンリング釣りでも活躍した長尺ロッドで、ロングスピンとの使い分けで戦略の幅が更に広がるアイテムのひとつです。

 

詳しくは、今月21日(水)発売の地球丸「SALT WATER 2017年2月号」、考えるRFG 第9弾!

「ロングベイトの出しどころ。」特集にて。

製品発売の直前に、ロングスピンとロングベイトを対比させたこの特集をご一読いただければ幸いです。

 

 

 

~~~★プロズワンからのお知らせ★~~~

通信販売品のご案内

■ロッド:ロックフィッシュロッド

通信販売限定! 4軸カーボン搭載のファクトリーチューンドモデルスピニングロッド「ロックトランジットRTS-902MH GRAND LIMITED」

ご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/rocktransit.html

 

■ルアー:メタルジグ

通信販売限定! ただ巻きジグ「ブルーオリオン」通販限定ヒラメスペシャルカラー!

♯13 ヒラメゴールド

♯14 ヒラメピンクキャンディー

ご購入方法はこちら

http://www.pros-one.com/blue_orion.html

「ヒラメ攻略 Bible 2017」(メディアボーイ)が発売

★プロズワンからのお知らせ★

雑誌ソルト&ストリーム別冊「ヒラメ攻略 Bible 2017」(メディアボーイ)が発売されました。

 

■超実践的ヒラメゲームのフックセッティング術

佐藤文紀 口の中を意識したセットアップ

 

 

ぜひ、ご覧くださいませ。